札幌管区気象台 暴風雪も短文形式で注意促す【外出は控えてください】

札幌管区気象台 暴風雪も短文形式で注意促す【外出は控えてください】

246
シェア
札幌管区気象台 暴風雪も短文形式で注意促す【外出は控えてください】

札幌管区気象台は先月25日(水)、北海道内で暴風雪のおそれがある場合に、短文形式で注意を促す気象情報の提供を始めました。

昨年3月2日から3日にかけ、発達した低気圧の影響で暴風雪となった北海道内では、中標津町(なかしべつちょう)で乗用車が吹きだまりにはまり一酸化炭素中毒によって家族4人が死亡するなど9人が犠牲になりました。

この暴風雪をうけて、同気象台では「猛ふぶきによる見通しの悪化」「車の運転が困難となる 」など、具体的にイメージができて安全を確保する行動につながる表現に変更。

今回は、さらに危機感を伝えるために「数年に一度の猛ふぶき」「外出は控えてください」といった文言を使って一歩踏み込んだ表現へとなりました。

[box type=”shadow” ]
3月2日の北海道暴風雪 2013 Drifting snow

[/box]

[highlight]参考URL[/highlight]

札幌管区気象台

photo credit: Russ Allison Loar via photopin cc