円山動物園/マサイキリン「ナナコ」

円山動物園/マサイキリン「ナナコ」

165
シェア

動物園に出店した日本初のコンビニ「セブンイレブン円山動物園店」を記念してセブン-イレブン・ジャパンから寄贈されたマサイキリンの「ナナコ」。

電子マネー「nanaco(ナナコ)」のイメージキャラクターであるキリンにちなんで、熊本市動植物園のメスのマサイキリン「子夏」から「ナナコ」へと改名し、円山動物園にやってきました。

[box type=”shadow” ]マサイキリンは、アフリカのサバンナに住み、体長3~4m、頭頂までの高さは5mを超えます。もちろん地球上で最も背丈の高い動物種です。

餌は、青草、ニンジン、ジャガイモ、パン、リンゴ、配合飼料などで、冬は青草の代わりにモヤシとキャベツを与えています。 現在はオスの「ユウマ」、メスの「ナナコ」と、2頭の間に生まれたオスの「ナナスケ」の3頭を飼育しています。

以前は国内最高齢のマサイキリンだったメスの「タカヨ」がいましたが、2008年11月に亡くなりました。 ユウマは1997年12月16日に鹿児島市平川動物園で生まれました。 彼は平川動物園では「マツタロウ」と呼ばれていましたが、ぜひ札幌市民に新たな名前をつけてほしいという本園の希望で、ひろく市民に呼びかけ、愛称を募集を行い、この名前が選ばれました。

この「ユウマ」には、動物園にとって頭の痛いところがあります。テレビ局のカメラや、工事の音が大嫌いなのです。そのため、テレビカメラが近寄ったり、付近で工事の音が出るときには、さまざまな気遣いを絶やすことができません。

2009年10月、タカヨを亡くしたユウマのもとに、熊本市動植物園からお嫁さんが来園しました。2004年8月26日生まれの「ナナコ」です。このナナコは、なんとタカヨの孫にあたります。 2011年6月に、ユウマとナナコの間に赤ちゃん「ナナスケ」が生まれました。ナナコにとっては初めての子ども、ユウマにとっては4頭目の子供になります。「ナナスケ」は2012年10月、静岡県の日本平動物園へ旅立ちました。

引用元:http://www.city.sapporo.jp/zoo/b_f/b_08/db171.html[/box]

[highlight]参考URL[/highlight]

>>札幌円山動物園店様|コンビニ 出店事例|セブンイレブン出店事例

>>キリンのお嫁さんの歓迎式を行いました/札幌市円山動物園

>>電子マネー nanaco 【公式サイト】 : トップページ