1月5日(日)は「小寒(しょうかん)」 北海道・網走地方でマイナス26度を観測((゚Д゚;))

1月5日(日)は「小寒(しょうかん)」 北海道・網走地方でマイナス26度を観測((゚Д゚;))

168
シェア
1月5日(日)は「小寒(しょうかん)」 北海道・網走地方でマイナス26度を観測((゚Д゚;))

5日(日)は、二十四節気の「小寒(しょうかん)」でした。

同日、全国的な寒さに包まれた日本列島では、各地で出初め式や寒稽古などが行われましたが、ニュースでその様子を見ているだけで、思わず身震いしてしまいます。

北海道では、網走地方の滝上で氷点下26度、上川地方の江丹別では氷点下25度7分を観測し、この冬一番の冷え込みとなりました。

うう・・・寒い、寒すぎる!

といっても、道産子であるワタクシ、氷点下20度以下は未知の領域でして体験したことがありません。札幌は、せいぜい下がっても氷点下10度くらいかな。

以前、Youtubeでベランダからお湯を空中にまいた瞬間に凍ってしまう動画()を見たことがあるけど、氷点下20度ってそんな世界なのかしら?

)もう1度見たくて探してみた。ロシア・シベリアの都市、ノボシビルスク(Novosibirsk)で氷点下41度­を記録した日に撮影された動画のようです。シベリア・・・半端ないぜ!

[box type=”shadow” ]
熱湯が一瞬で・・・

[/box]

というわけで、みなさま風邪には気をつけてね。

[box type=”shadow” ]寒(しょうかん)は、二十四節気の第23。十二月節(旧暦11月後半から12月前半)。
現在広まっている定気法では太陽黄経が285度のときで1月5日ごろ。

暦ではそれが起こる日だが、天文学ではその瞬間とする。恒気法では冬至から1/24年(約15.22日)後で1月6日ごろである。

期間としての意味もあり、1月6日~1月19日まで、すなわちこの日から次の節気の大寒前日までである。

引用元:「小寒」(2013年12月1日 (日) 13:14(日時は個人設定で未設定ならばUTC)。)『ウィキペディア日本語版』。http://ja.wikipedia.org/wiki/小寒

[/box]

[highlight]参考URL[/highlight]

札幌管区気象台

photo credit: 8#X via photopin cc