【東京・築地】ホンマグロ初競り 最高値736万円で「すしざんまい」落札【昨年の20分の1】

【東京・築地】ホンマグロ初競り 最高値736万円で「すしざんまい」落札【昨年の20分の1】

210
SHARE
【東京・築地】ホンマグロ初競り 最高値736万円で「すしざんまい」落札【昨年の20分の1】

東京・築地市場で5日(日)、初競りが行われ、青森県大間産()ホンマグロ(230キロ)が736万円で、関東を中心に寿司店「すしざんまい」をチェーン展開する、株式会社喜代村(きよむら)に競り落とされました。

)下北半島の先端に位置し、本州最北端の市町村でもある大間町(おおままち)は、「大間まぐろ」のブランドとして知られている。

-昨年の20分の1

初競りのホンマグロの価格は、2006年(平成18年)から7年連続で上昇し、2013年(平成25年)は過去最高価格となる1億5,540万円で落札されましたが、今年は20分の1に。

その理由は、昨年まで喜代村と競り合っていた「香港の寿司王」と呼ばれる、実業家・リッキー・チェンが率いる「板前寿司」が競りに参加しなかったため。

「板前寿司」は、2008年(平成20年)から初競りに参加し、4年連続で落札していましたが、昨年の早い段階から競り不参加を表明していました。

ご祝儀相場とはいえ、いくらなんでもマグロ1匹に億超えなんて、驚きを通りこして軽く引いちゃいますから、ようやく妥当な価格に落ち着いたというところでしょうか。

「すしざんまい」って札幌の歓楽街・すすきのにも24時間営業している店舗があって、飲んだ後に何回か行ったことがあるけど、美味しいと思ったことが・・・酔っ払って味覚がバカになっていた可能性もあるんだけど・・・

落札価格 落札者 産地
2008年(平成20年) 607万円 板前寿司 青森県大間産(276キロ)
2009年(平成21年) 963万円 板前寿司・銀座久兵衛 青森県大間産(128キロ)
2010年(平成22年) 1,628万円 板前寿司・銀座久兵衛 青森県大間産(232キロ)
2011年(平成23年) 3,249万円 板前寿司・銀座久兵衛 北海道戸井産(342キロ)
2012年(平成24年) 5,649万円 すしざんまい 青森県大間産(269キロ)
2013年(平成25年) 1億5,540万円 すしざんまい 青森県大間産(222キロ)
2014年(平成26年) 736万円 すしざんまい 青森県大間産(230キロ)

[divider]

[box type=”shadow” ]
2013 初セリマグロ解体ショー in 板前寿司赤坂店②

[/box]

[box type=”shadow” ]ロマグロ(黒鮪、学名:Thunnus orientalis)は、スズキ目サバ科に分類される海水魚の一種。

日本沿岸を含む太平洋の熱帯・温帯海域に広く分布する大型魚で、重要な食用魚である。

生鮮魚介類として流通する場合にはホンマグロの名称も用いられる。このほか地方名としては、シビ、クロシビ(各地)、ハツ(高知)などがある。

また、特に幼魚を指す地方名としてヨコ、ヨコワ(近畿・四国)、メジ(中部・関東)、シンコ、ヨコカワ、ヒッサゲなどもある。

引用元:「クロマグロ」(2013年9月22日 (日) 05:32(日時は個人設定で未設定ならばUTC)。)『ウィキペディア日本語版』。http://ja.wikipedia.org/wiki/クロマグロ

[/box]

[highlight]参考URL[/highlight]

築地市場のご紹介 – 東京都中央卸売市場

東京の寿司 マグロが自慢【すしざんまい】つきじ喜代村

板前寿司 | HOME

中村桂/Nakamura Katsura (nakamura_k) on Twitter

「寿司屋の社長」世界食べ歩きブログ

「1億5千万円マグロ」競った香港チェーンも豪快だった!『板前寿司』  | 経済の死角 | 現代ビジネス [講談社]

photo credit: Takeshi+81 via photopin cc