北海道内の雪による被害 1月8日(水)時点で死傷者75人に

北海道内の雪による被害 1月8日(水)時点で死傷者75人に

224
シェア
北海道内の雪による被害 1月8日(水)時点で死傷者75人に

北海道庁は、屋根からの雪下ろし中の転落事故など、道内での雪による死傷者が昨年11月から1月8日(水)時点で75人に上ることを発表しました。

道の危機対策課によると、札幌市と砂川市でお年寄り2人が死亡したほか、重傷者は37人、軽傷者は36人にのぼるそうです。

事故の原因は屋根からの転落が32件と最も多く、次いではしごからの転落が17件、落氷雪が7件、その他が19件となっています。

また、年代別では65歳以上が半数を占めるなどお年寄りの被害が目立っています。

大雪の影響で過去最悪だった昨年(1シーズンで死亡者数33人)のペースを下回っているものの、これから最も危険な時期にはいるので、1人ではなく複数で作業するなど充分な注意が必要です。

とはいっても、1人暮らしのお年寄りはね・・・

[box type=”shadow” ]
Life with Snow Yukioroshi雪おろし

[/box]

[highlight]参考URL[/highlight]

PDFファイル:雪による被害状況(H25.11~H26.3)

photo credit: OregonDOT via photopin cc