イスラエルのアリエル・シャロン元首相、死去 2006年1月脳卒中で倒れる

イスラエルのアリエル・シャロン元首相、死去 2006年1月脳卒中で倒れる

171
シェア
イスラエルのアリエル・シャロン元首相、死去 2006年1月脳卒中で倒れる

イスラエルのアリエル・シャロン(Ariel Sharon)元首相が11日(土)、入院先のテルアビブの病院で死去しました。85歳でした。

1928年にイギリス委任統治下のパレスチナで生まれ、14歳でイスラエル国防軍の基礎となったユダヤ人の軍事組織「ハガナー」に入隊、1948年の第一次中東戦争に参加して以降、軍歴を積み重ね、伝説的な指揮官として国民から「英雄」として人気を獲得するまでに。

1973年に政治家に転身し、国防相などを務めたのち2001年に首相に選ばれましたが、任期なかばの2006年1月に脳卒中で倒れて以降は昏睡状態が続き、今年にはいって容態悪化が報じられていました。

[box type=”shadow” ]
Former Israeli Prime Minister Ariel Sharon Dead at Age 85

[/box]

[highlight]参考URL[/highlight]

アリエル・シャロン – Wikipedia

イスラエル国 | 外務省 – Ministry of Foreign Affairs of Japan

photo credit: Or Hiltch via photopin cc