伊東大貴(雪印メグミルク)が2位、葛西紀明(土屋ホーム)は5位-1月19日(日)【STVカップ国際スキージャンプ競技大会】

伊東大貴(雪印メグミルク)が2位、葛西紀明(土屋ホーム)は5位-1月19日(日)【STVカップ国際スキージャンプ競技大会】

169
シェア
伊東大貴(雪印メグミルク)が2位、葛西紀明(土屋ホーム)は5位-1月19日(日)【STVカップ国際スキージャンプ競技大会】

ノルディックスキーのSTVカップ国際スキージャンプ競技大会(第53回)は19日(日)、コンチネンタルカップ()を兼ねて、札幌市中央区の大倉山ジャンプ競技場で行わました。

優勝はドイツのマルクス・アイゼンビヒラーが136.5メートル、137メートルを飛び合計287.8点で初優勝。

ソチ冬季五輪代表では伊東大貴(雪印メグミルク)が135メートル、137メートルを飛び合計284.1点で最高の2位。清水礼留飛(雪印メグミルク)は3位。葛西紀明(土屋ホーム)は5位。渡瀬雄太(雪印メグミルク)は14位。

)[box type=”shadow” ]キージャンプ・コンチネンタルカップは国際スキー連盟(FIS)が主催するシーズンごとの大会で、スキージャンプ・ワールドカップより1つ下の格付けである。

各国によって異なるがワールドカップを転戦するのがAチーム、コンチネンタルカップを転戦するのがBチームという構成とし、シーズン中にも何人かの選手の入替が行われることがある。

トリノオリンピック日本選手団に選ばれた原田雅彦は2005年12月26日に行われたサン・モリッツ大会で2位に入り代表として選ばれている。

引用元:「スキージャンプ・コンチネンタルカップ」(2013年4月13日 (土) 09:39(日時は個人設定で未設定ならばUTC)。)『ウィキペディア日本語版』。http://ja.wikipedia.org/wiki/スキージャンプ・コンチネンタルカップ

[/box]

[box type=”shadow” ]
第52回STV杯国際大会

[/box]

[highlight]参考URL[/highlight]

STVカップ国際スキージャンプ競技大会 – STV札幌テレビ放送

大倉山ジャンプ競技場 – 札幌大倉山展望台

土屋ホーム スキー部 “TEAM TSUCHIYA” 葛西紀明

渡瀬 雄太選手 プロフィール | チームについて | ジャンプ雪印メグミルク

スキージャンプ選手伊東大貴オフィシャルサイト | 下川町出身のスキージャンプ伊東大貴選手のオフィシャルサイト

清水礼留飛選手 プロフィール | チームについて | ジャンプ雪印メグミルク