大通に完成したばかりのビルで何か実験が行われるみたいなんです

大通に完成したばかりのビルで何か実験が行われるみたいなんです

163
シェア
プロジェクションマッピング

東京駅の復元工事完成イベント「TOKYO STATION VISION」で話題になったプロジェクションマッピングを知っていますか?これは、建物に映写機器から映像を投影させる技術のことを指すんだけど「マッピング」という言葉通り、映像を投影する対象にぴったりと重ね合わせるのが特徴。

東京駅の映像をyoutubeで初めて見たときはもう感動した、わしゃ感動した!まだご覧になってない方はぜひご覧あれ。

どうです?すごいでしょ。この映像見てから、僕はすっかりプロジェクションマッピングの虜。札幌では今年の雪まつりで行われたんだけど、見に行った時にはまさかの中止。なんでも話題すぎて人が集中して危険だと判断したそう。

で、結局またyoutubeでみたよ。それがこちら。

豊平館の入口屋根部分をUFOに見立てる発想、僕にはないわぁ。すごい!

そんなアートなプロジェクションマッピングが大通で行われますよ。場所は大通ビッセ向かいの4月に竣工したばかりの「札幌大通西4ビル」です。

何のイベントなんだろ?竣工記念かなと思っていたら、どうやら札幌で今後プロジェクションマッピングをイベントで利用していくための実証実験だそうで。

ツイッター情報によると

今日と明日、20時から1時間ほど行われるみたいなので生でプロジェクションマッピングを見たことない人はぜし!僕も行く!

早速、昨日行われた映像がyoutubeにUPされていました。

ちなみにこのビル「札幌大通西4ビル(SAPPORO ODORI NISHI4 BUILDING)」は高さ55.63m、地上12階、地下2階で秋田銀行と白い恋人でお馴染み石屋製菓が建てたビルで、あさって6月4日に1階 に「札幌大通西4ビルISHIYA SHOP」 、大通駅直近 札幌駅前通地下歩行空間「チ・カ・ホ」に「ISHIYA CAFÉ」、「Candy Labo(キャンディ・ラボ)札幌大通西4ビル店」の3店がオープンするので、こちらも要チェック!

個人的には宮の沢にある、白い恋人パークにしかなかったCandy Labo(キャンディ・ラボ)の2店舗目が大通に出来たのが嬉しい、職人さんのライブパフォーマンスはおもしろいよ、きっと。

[highlight]関連URL[/highlight]

石屋製菓

石屋製菓 札幌大通西4ビル 直営店オープン(PDF)

キャンディ・アート専門店 Candy Labo [キャンディ・ラボ]

【公式】白い恋人パーク

秋田銀行

[box type=”shadow” ] ロジェクションマッピング(英語名:Projection Mapping)とは、プロジェクターの様な映写機器を用い、建物や物体、あるいは空間などに対して映像を映し出す技術の総称をいう。

プロジェクション(=投影)という単純映写ではなく、マッピングという言葉が加わった言葉で、ここには投影する対象に映像を張り合わせるという意味合いがあり、対象と映像がぴたりと重なり合うことで意味を持ってくる映写方法である。

日本ではプロジェクションマッピングが一般的であるが、欧米では「ビデオマッピング」「マッピングプロジェクション」建物に対しては「アーキテクチャルマッピング」などとも呼ばれる。他に「3Dマッピング」「3Dプロジェクションマッピング」「ビジュアルマッピング」とも呼ばれる。

投影される対象は建築物だけではく、靴、テーブルや椅子、額縁、描かれた絵、人体、部屋、鞄、楽器、樹木などありとあらゆるモノを対象としている。

対象に投影する映像は、図面等のデータから3Dでモデリングをしたり、写真を撮影して補正しながらパーツを作るという方法、実際にプロジェクションをしながら対象のパーツや位置取りを行う方法、あるいはレーザースキャナーで表面の3次元情報を取り込むという方法が用いられる。

また作成したビジュアルを投影する際は、主にメディアサーバーと呼ばれる様なソフトウェアを使用する。有名なソフトウェアとしては以下の様なものがある。

引用元:「プロジェクションマッピング」( 2013年5月13日 (月) 23:02 (日時は個人設定で未設定ならばUTC)。)『ウィキペディア日本語版』。http://ja.wikipedia.org/wiki/プロジェクションマッピング[/box]