NPO法人「大雪りばぁねっと。」元代表 業務上横領の疑いで逮捕【岩手県山田町】

NPO法人「大雪りばぁねっと。」元代表 業務上横領の疑いで逮捕【岩手県山田町】

118
シェア
NPO法人「大雪りばぁねっと。」元代表 業務上横領の疑いで逮捕【岩手県山田町】

東日本大震災で大きな被害をうけた岩手県山田町(やまだまち)から委託された事業費を私的に流用したとして、NPO法人の元代表ら5人が4日(水)、業務上横領の疑いで逮捕されました。

逮捕されたのは、すでに解散した北海道旭川市のNPO法人「大雪りばぁねっと。」の元代表・岡田栄悟容疑者(35)ら5人。町から委託された事業費のうち3,000万円を私的に流用した疑いがもたれています。

被災者の雇用の場を確保するための「雇用創出事業」を町から委託された「大雪りばぁねっと。」は、そのずさんな運営から事業費のうちの大半が不適切な支出と、県から認定されています。その額、数億円・・・

ちなみに「大雪」は「だいせつ」と読みます。北海道中央にそびえる火山群「大雪山系」からつけたんでしょう。

全容解明はこれからでしょうが、被災者を食い物にして己の欲望を満たしたツケをきっちり払ってくださいね。

「岡田栄悟」で画像検索するとそのお顔を拝むことができますが、気分が悪くなるので自己責任でお願いします。

そういえば、県から返還を求められた山田町は町の予算から補填したんだっけか。

[box type=”shadow” ]岩手県警が4日、業務上横領容疑でNPO法人「大雪りばぁねっと。」の代表理事、岡田栄悟容疑者(35)を逮捕した。法人の業務は入浴施設の運営や防犯パトロールだったが、岡田容疑者は雇用した被災者に軍隊のような肩書を付け統率。関係者が設立したリース会社を通して高額備品の導入を繰り返し、緊急雇用創出事業費をあっという間に使い切った。

 壁に4台の大型液晶テレビが取り付けられた「災害対応司令室」。トイレの奥には隠し部屋のような寝室。体育館にあった法人の拠点は、まるで基地のようだった。雇用した被災者を中隊長、小隊長といった役職に就け、掃除担当班は施設小隊などと呼んだ。壁には筋力トレーニングのメニュー表も。60代の従業員もいたが、岡田容疑者は「厳しい訓練が必要」と言い放った。

 元女性従業員は「岡田氏に気に入られ月給40万円以上の人がいた一方で、異を唱えて辞めさせられた人もいた」と証言した。

軍隊模して被災者を統率、高額備品次々と導入 逮捕のNPO代表
MSN産経ニュース/2014.2.4 13:20

[/box]

[highlight]参考URL[/highlight]

岩手県山田町ホームページ

photo credit: marcwiz2012 via photopin cc