【北海道小樽市】10万本以上のろうそくが街にともる「小樽雪あかりの路」-2014年2月7日(金)~16日(日)【詩人・伊藤整(いとうせい)】

【北海道小樽市】10万本以上のろうそくが街にともる「小樽雪あかりの路」-2014年2月7日(金)~16日(日)【詩人・伊藤整(いとうせい)】

105
シェア
【北海道小樽市】10万本以上のろうそくが街にともる「小樽雪あかりの路」-2014年2月7日(金)~16日(日)【詩人・伊藤整(いとうせい)】

運河の街・北海道小樽市の冬の風物詩となっているイベント「小樽雪あかりの路」が、7日(金)から16日(日)まで開催されます。

市民やボランティアが参加して一体となって作り上げる「手作り」イベントです。

メイン会場となる小樽運河に浮かぶ数百ものガラス製の浮き玉のろうそくの灯りは、まるで地上に出現した天の川のようで幻想的。決して派手さはないけど、ろうそくの灯りをただ見ているだけで癒されること間違いなしです。

今年で16回目をむかえ、いまでは知名度もあがり開催期間中にのべ数十万人が訪れるんだとか。

点灯は、午後5時から9時まで。

朝里川温泉会場では今回初の試みとして15日(土)に花火が打ち上がります。

ちなみにイベント名は、小樽出身の詩人・伊藤整(いとうせい)が最初に出版した詩集「雪明りの路」から名付けられています。

[box type=”shadow” ]藤 整(いとう せい、1905年(明治38年)1月16日 – 1969年(昭和44年)11月15日)は、日本の小説家、文芸評論家、詩人。位階は正五位。勲等は勲三等。本名は整(ひとし)。日本芸術院会員。
社団法人日本文藝家協会理事、東京工業大学教授、社団法人日本ペンクラブ副会長、財団法人日本近代文学館理事長などを歴任した。

引用元:「伊藤整」(2013年12月1日 (日) 08:29(日時は個人設定で未設定ならばUTC)。)『ウィキペディア日本語版』。http://ja.wikipedia.org/wiki/伊藤整

[/box]

[box type=”shadow” ]
【FullHD】2012小樽雪あかりの路14 – 14st Otaru Snow Light Path

[/box]

[highlight]参考URL[/highlight]

小樽雪あかりの路 official website

小樽雪あかりの路 – 北海道小樽市 – イベント会場、観光名所 | Facebook

小樽市 : 小樽市トップページ

photo credit: 喫遊趣 via photopin cc