新渡戸稲造の記念館 「遠友夜学校」跡地に建設計画【北海道札幌市】

新渡戸稲造の記念館 「遠友夜学校」跡地に建設計画【北海道札幌市】

351
シェア
新渡戸稲造の記念館 「遠友夜学校」跡地に建設計画【北海道札幌市】

五千円札(D号券)の肖像でお馴染みの新渡戸稲造(にとべいなぞう)が設立した夜学校「遠友夜学校」(札幌市)跡地に、新渡戸の功績を称えて記念館が建設される計画があるようです。

「遠友夜学校」は、経済的な事情で学校に通うことができない子供たちのための学び舎として、新渡戸が萬里子夫人(メリー・P・エルキントン)とともに1894年(明治27年)に設立。

以後、1944年(昭和19年)の閉校までの50年にわたり男女分け隔てなく無料で開かれていました。

学校名は論語の「朋(友)あり遠方より来る、また楽しからずや」にちなんで「遠友」と名付けられ、新渡戸のその崇高な精神に共感した札幌農学校(現・北海道大学)の学生たちがボランティアで教師をつとめたそうです。

閉校後、土地は札幌市に無償譲渡され1964年(昭和39年)に「中央勤労青少年ホーム(中央若者活動センター)」が開館。同時に建物内に「遠友夜学校」の功績を後世につたえる「遠友夜学校記念室」が設置されました。

その後、建物の老朽化によって2011年(平成23年)に閉館しましたが、「遠友夜学校記念室」は「札幌市資料館」(札幌市中央区大通西13丁目)に移転しています。

新渡戸稲造記念館の建設費用は寄付金によってまかなわれるということですが、記念室がすでにあるし・・・どうなんでしょ?そのお金で平成の遠友夜学校を作ればいいのにと思っていたら北海道大学内にありました。

[box type=”shadow” ]新渡戸稲造の記念館 「遠友夜学校」跡地に建設計画【北海道札幌市】

引用元:http://www.city.sapporo.jp/

[/box]

[box type=”shadow” ]
銅像に刻まれた 新渡戸稲造の精神 HOKUDAI Only One! No.12〜北海道大学〜

[/box]

[highlight]参考URL[/highlight]

札幌市公式ホームページ – City of Sapporo

札幌市資料館

札幌市資料館 遠友夜学校記念室