佐村河内守著作「交響曲第一番」音楽修業・修学は全て嘘ぴょん【本のゴーストライターは否定】

佐村河内守著作「交響曲第一番」音楽修業・修学は全て嘘ぴょん【本のゴーストライターは否定】

139
シェア
佐村河内守著作「交響曲第一番」音楽修業・修学は全て嘘ぴょん【本のゴーストライターは否定】

“耳が聞こえない天才作曲家”として活動しながら、実際には作曲していなかったことが問題となった佐村河内守(さむらごうちまもる)さんの著作「交響曲第一番」について発行元の講談社は20日(木)、佐村河内さんから釈明と謝罪があったことを同社のウェブサイト上で公表しました。

『交響曲第一番』(佐村河内守著)に関するお詫びとお知らせ(PDFファイル)

講談社は「交響曲第一番」出版にいたる経緯を面談で調査。当時の担当編集者らは佐村河内さんの作品とされる楽曲にゴーストライターがいることは見抜けなかったといいます。

佐村河内さんは同社との面談で、本に書かれている音楽修業・修学はすべて嘘だったとしながらも、それ以外は事実であるとし本に関してゴーストライターはいないと釈明したそうです。

ほほう、本にはゴーストライターを使っていなかったとな?ま、出版業界ではゴーストライターはある意味“常識”となっているみたいだから、その辺は講談社も佐村河内さんの話を鵜呑みにすることにしたようですね。

そういえば、堀江貴文さんの著作に関してゴーストライターの存在を漫画家が暴露したけど、思ったより大きな問題になりませんでしたね。ビジネス本とかならまだしも、小説でもゴーストライターって普通なのかしら。

【小説「拝金」「成金」】ホリエモンもゴーストライターを使った!?漫画家・佐藤秀峰さんが暴露【堀江貴文】

なお、講談社は2月5日(水)に「交響曲第一番」を絶版として回収措置済み。

[box type=”shadow” ]『交響曲第一番』(佐村河内守著)に関するお詫びとお知らせ

弊社ではかねてより、『交響曲第一番』出版に至る経緯の把握と事実関係の確認作業を行
ってまいりました。この間、当時の編集責任者、編集担当者および著者である佐村河内守
氏にも面談し、事情聴取を行いました。
編集責任者および編集担当者からは、佐村河内氏の作品とされる曲に関してゴーストラ
イターが存在することはまったく見抜けなかったことを確認いたしました。
また、佐村河内氏本人からは「『交響曲第一番』に書かれている音楽修業・音楽修学に関
することはすべて嘘です。それ以外の、本に書かれたことは事実です」「本に関して、ゴー
ストライターはいません」「読者の方々には誠に申し訳ございませんでした」という釈明と
謝罪がありました。
弊社といたしましては、その嘘を見抜くことができず出版してしまったことを重く受け
止め、読者のみなさまには心よりお詫び申し上げますとともに、今後このようなことがな
いよう十分留意してまいります。
なお、同書に関しましては、すでに 2 月 5 日に絶版・回収措置をとっております。

引用元:http://www.kodansha.co.jp/upload/pr.kodansha.co.jp/files/samura.pdf

[/box]

[highlight]参考URL[/highlight]

講談社「おもしろくて、ためになる」出版を

photo credit: John Gevers via photopin cc