【北海道帯広市でもカレーを作らない問題】月曜から夜ふかし「真夜中のカレーSP!各地のご当地カレー問題を調査ほか」-2014年3月24日(月)【カレーショップ インデアン】

【北海道帯広市でもカレーを作らない問題】月曜から夜ふかし「真夜中のカレーSP!各地のご当地カレー問題を調査ほか」-2014年3月24日(月)【カレーショップ インデアン】

420
シェア
【北海道帯広市でもカレーを作らない問題】月曜から夜ふかし「真夜中のカレーSP!各地のご当地カレー問題を調査ほか」-2014年3月24日(月)【カレーショップ インデアン】

日本テレビ系列で毎週月曜日に放送されているバラエティ番組「月曜から夜ふかし」。

MCをつとめる村上信五(関ジャニ∞)とマツコ・デラックスが、世間でひそかに話題になっていることが書かれた「○○の件」カードを選んで、そのカードの内容のVTRを見ていくという内容。

“この番組は、世間で話題となっている様々な件に対して、ちょっとだけ首を突っ込んだり突っ込まなかったりする番組です。”

村上さんとマツコさんの絡みが面白くてよく見るんだけど、なかでも株主優待券のみで生活する元将棋棋士の桐谷広人さんシリーズは秀逸だとおもふ。

2014年3月24日(月)23時59分からの放送は、「真夜中のカレーSP!各地のご当地カレー問題を調査ほか」。

月曜から夜ふかし|日本テレビ

[divider]

カレーショップ インデアン

カレーは寿司についで日本人が好きな料理2位にあげられるほど国民的料理として知られていますが、番組では「全国のカレー問題を調査してみた件」と題してカレーにまつわるご当地問題を紹介。

沖縄県では県民の好きな料理1位がカレーなんだそうですが、カレールウの消費量は全国最下位だとか。

その理由は、沖縄県民は自宅ではカレーを作らずカレーといえばレトルトカレーらしい。しかもボンカレーが圧倒的な人気を誇っていて、沖縄限定の初代ボンカレーを多くの県民が自宅に常備しているようです。

つづいて「北海道帯広市でもカレーを作らない問題」として紹介されましたが、なぜ帯広市民も自宅で作らないのか?それは「カレーショップ インデアン」があるからです。

1968年(昭和43年)に創業した株式会社藤森商会が帯広市内、近郊に10店舗展開するカレーチェーン「カレーショップ インデアン」は、1皿399円から楽しめる良心価格の地元密着のカレーショップ。

夕飯時にもなると帯広市民が自宅から鍋を持ち込んで直接、カレーを入れてもらう独特のテイクアウトスタイルが定着しています。

1回だけ食べたことがあるんだけど、これがめちゃくちゃ美味かった。これだけで帯広に引越し価値あり。(大袈裟)札幌にも出店してくれないかな・・・

話は変わって。

大阪にも1947年(昭和22年)に創業した「インデアンカレー」(※Indian Curry – インデアンカレー)があるんだけど、店名もさることながら帯広と大阪の「インデアン」が使用しているロゴがそっくり。ターバンを巻いたインド人です。

このブログによると(※やまけんの出張食い倒れ日記: なんと帯広にもインデアンカレーを発見)社長が大阪「インデアンカレー」の味に衝撃を受けて、再現したのが帯広の「カレーショップ インデアン」らしい。

また別の機会にでもそこら辺を掘り下げて特集していくので、今日はこの辺で。

[highlight]レビュー[/highlight]

北海道・帯広の家庭から自炊カレーを消した、恐るべきインデアン一族

もう一つのインデアン伝説 帯広インデアンカレーはやはりオリジナルで旨いのであった。

帯広のソウルフード「インデアン」のカレー

【帯広】カレーショップ「インデアン」

[box type=”shadow” ]【北海道帯広市でもカレーを作らない問題】月曜から夜ふかし「真夜中のカレーSP!各地のご当地カレー問題を調査ほか」-2014年3月24日(月)【カレーショップ インデアン】

引用元:http://www.fujimori-kk.co.jp/

[/box]

[box type=”shadow” ]
帯広のソウルフード インデアンカレーを食べる

[/box]

[highlight]店舗概要[/highlight]

店名:カレーショップ インデアン まちなか店

住所:北海道帯広市西2条南10丁目

TEL:0155-20-1818

サイト:藤森商会

食べログ:カレーショップ インデアン まちなか店 – 帯広/カレーライス [食べログ]

[box type=”shadow” ]

大きな地図で見る
[/box]

photo credit: Meanest Indian via photopin cc