南極海での調査捕鯨中止命令 国際司法裁判所(ICJ)条約違反認定【オーストラリア】

南極海での調査捕鯨中止命令 国際司法裁判所(ICJ)条約違反認定【オーストラリア】

125
シェア
南極海での調査捕鯨中止命令 国際司法裁判所(ICJ)条約違反認定【オーストラリア】

日本による南極海での調査捕鯨(ちょうさほげい)について、オーストラリアが中止を求めた訴訟で、オランダ・ハーグにある国際司法裁判所(ICJ)は先月31日(月)、国際捕鯨取締条約違反と認定し現在の方法での捕鯨は認められないとする判決を言い渡しました。

2014/14 – Whaling in the Antarctic (Australia v. Japan: New Zealand intervening) – The Court finds that Japan’s whaling programme in the Antarctic (JARPA II) is not in accordance with three provisions of the Schedule to the International Convention for the Regulation of Whaling(PDFファイル)

国際司法裁判所は一審制で控訴は認められていないため、日本政府は今後、捕獲枠の規模など調査捕鯨に対する見直しを検討するとしています。

「調査捕鯨の基地」「くじらのまちづくり」を推進する北海道釧路市にとって、この判決は少なからず影響を与えそうです。(※釧路とくじら|北海道釧路市ホームページ

[divider]

これでシーシェパードがますます調子づくのか。というかなぜにオーストラリアって反捕鯨なのかしら?先住民のアボリジニをスポーツごにょごにょしていた歴史を持つ国がよく言えたもんだわー

先住民をアルコール漬けにして、カンガルー・ディンゴを駆除しまくる一方で、反捕鯨を声高に叫ぶ国。

チョーウケル。

[box type=”shadow” ]際司法裁判所(こくさいしほうさいばんしょ、英: International Court of Justice、仏: Cour internationale de Justice)は、国際連合の主要な常設の国際司法機関のことで、オランダのハーグに本部を置く。

その役割は、国家間の法律的紛争、即ち国際紛争を裁判によって解決、または、法律的問題に意見を与えることである。

国際法における権威であり、その法律的意見は、国際法に多大な影響を与える。英語の略称はICJ。世界裁判所(World Court)とも呼ばれる。

国際法一般を扱う常設司法裁判所という点において、常設仲裁裁判所、国際海洋法裁判所、国際刑事裁判所(ICC、2003年3月発足)などとは区別され、異なる意義を有する。

引用元:「国際司法裁判所」( 2014年3月31日 (月) 10:28(日時は個人設定で未設定ならばUTC)。)『ウィキペディア日本語版』。http://ja.wikipedia.org/wiki/国際司法裁判所

[/box]

[box type=”shadow” ]
Japan says will honour ICJ whaling decision

[/box]

[highlight]参考URL[/highlight]

Cour internationale de Justice | International Court of Justice

国際司法裁判所 | 国連広報センター

水産庁/ホーム

photo credit: Michael Dawes via photopin cc