グーグルが夢のデバイスを開発!「Google日本語入力 マジックハンドバージョン」発表

グーグルが夢のデバイスを開発!「Google日本語入力 マジックハンドバージョン」発表

119
シェア
グーグルが夢のデバイスを開発!「Google日本語入力 マジックハンドバージョン」発表

近年、スマートフォンやタブレット端末などタッチパネルでの入力を前提としたデバイスが主流となりつつあります。

日本でも、フリック入力()方式が定着し、操作に慣れると直感的に素早く入力することができるので、いまや手放すことができません。

)「フリック入力(flick input)」。フリック(flick)とは「素早く動かす・弾く」という意味で、タッチスクリーン上で指を素早く動かして行う操作のこと。

しかしこれで完璧な入力方式といえるのか?

グーグル日本語入力チームは、操作性を改善する余地がまだあるのではないかと考え、フリック入力をさらに便利に確実に使用するためのデバイスを開発しました。

「ネイルが邪魔」「指紋が付いたり脂で汚れる」「手袋をしていると使えない」「指先の怪我」などのトラブルを全て解決してくれる夢のデバイス。。。

それが、「Google日本語入力 マジックハンドバージョン」です。

あなたの指の代わりとなってマジックハンドが「ムーブ」「タッチ」「フリック」これらの操作の組み合わせでスピード感を損なわず流れるような入力を実現しています。

さらにハンド部分の交換で様々なカスタマイズが可能で、左利き用から親指、小指、猫の手、孫の手、さらに奥の手も近日発表予定だという。

[box type=”shadow” ]
Google 日本語入力マジックハンドバージョン

[/box]

※4月1日のエイプリルフールネタです。

photo credit: BrownGuacamole via photopin cc