愛知県阿久比(あぐい)町で捕獲された犬の糞からエキノコックス見つかる【愛知県】

愛知県阿久比(あぐい)町で捕獲された犬の糞からエキノコックス見つかる【愛知県】

136
シェア
愛知県阿久比(あぐい)町で捕獲された犬の糞からエキノコックス見つかる【愛知県】

愛知県の阿久比(あぐい)町内で捕獲された野犬の糞から、寄生虫「エキノコックス」が検出されたそうです。同県では、感染した犬が北海道から持ち込まれた可能性があるとみて調べているとのこと。

動物由来感染症  エキノコックス症について(阿久比町)

北海道には「エキノコックス症」という本州ではあまり聞きなれない病気があります。

いわゆる「動物由来感染症(ズーノーシス/Zoonosis)」(動物から人に感染する病気)で、寄生虫「エキノコックス」がおもに肝臓に寄生して引き起こす病気です。

感染してすぐには発症せず、数年から10年ほどの潜伏期間を経て、しだいに肝機能障害をともなっただるさや黄疸などの症状が現れます。

寄生虫「エキノコックス」は、北海道に生息しているキツネや野ねずみに寄生しているので、の怖さを小さい頃から叩き込まれている道産子は絶対にキツネを触ることはありません。

[box type=”shadow” ]エキノコックス属条虫の幼虫(包虫)に起因する疾患で、人体各臓器特に肝臓、肺臓、腎臓、脳などで包虫が発育し、諸症状を引き起す。

ヒトには、成虫に感染しているキツネ、イヌなどの糞便内の虫卵を経口摂取することで感染する。

わが国のエキノコックス症には、その原因寄 生虫種により単包性エキノコックス症(単包条虫)と多包性エキノコックス症(多包条虫)がある。

近年、多包性エキノコックス症が、北海道東部から北海道全域へと伝播域を拡大しつつあり、国民の健康に脅威を与える感染症となっている。そのために感染症法では、エキノコックス症を4類感染症全数把握疾患に指定し、全患者発生例の報告を義務付けている。

引用元:エキノコックス症とは – 国立感染症研究所

[/box]

[highlight]参考URL[/highlight]

愛知県公式Webサイト

阿久比町

愛知県健康福祉部健康担当局健康対策課

[box type=”shadow” ]

大きな地図で見る
[/box]

photo credit: EricMagnuson via photopin cc