【※画像アリ】竹田恒泰(たけだつねやす)さんの本命彼女は元AKB48【明治天皇の玄孫】

【※画像アリ】竹田恒泰(たけだつねやす)さんの本命彼女は元AKB48【明治天皇の玄孫】

142
シェア
【※画像アリ】竹田恒泰(たけだつねやす)さんの本命彼女は元AKB48【明治天皇の玄孫】

歌手の華原朋美さん(39)との交際が報じられていた、作家の竹田恒泰(たけだつねやす)さん(38)の“本命彼女”が18日(金)、写真週刊誌のスクープで明らかになりました。

週刊誌によると、お相手は元AKB48研究生の畑山亜梨紗(はたやまありさ)さん(23)という方のようで、現在は女優としてドラマなどに出演されているそうです。

畑山さんは、指原莉乃さんと同じ第5期生として2007年から2009年まで所属していたとのこと。

年齢差15歳!竹田さんやりよるな!

竹田さんといえば、明治天皇の玄孫にあたるということで皇位継承問題に関して男系維持論を支持する発言をおこなったりと、ここ数年メディアに露出しています。

ちなみに、お父上は日本オリンピック委員会(JOC)会長の竹田恆和(たけだつねかず)さんです。

そんな竹田さんですが、10年以上前にアメリカ発のマルチ商法「スカイビズ」に関わっていたという話もあったりして。

こちらのブログに告発記事のキャプチャが記載されています。(過度の美化は捏造に近いのでは? 竹田恒和・恒泰父子賛美番組 【拡散自由】

[box type=”shadow” ]写真週刊誌『フラッシュ』副編集長も放射能汚染水を「飲水」
10月31日の政府と東京電力の共同記者会見で、園田康博・内閣府大臣政務官が福島第­1原子力発電所5、6号機にたまっている放射能汚染水を飲んだ。その残りの放射能汚染­水は、ジャーナリストの寺澤有が容器ごと園田政務官から譲り受けている。これに関する­記事を書くため、寺澤に話を聞きに来た写真週刊誌『フラッシュ』副編集長の山崎喜宏さ­ん(38歳)。「どうしても味見したい」と言い出し、放射能汚染水を飲みはじめた。は­たして放射能汚染水はどんな味だったのか。

[/box]

[highlight]参考URL[/highlight]

竹田恒泰オフィシャルサイト「竹の間」、出版、講演、メディア、研究、日々のブログ、スケジュール、ニコニコ動画などの情報を掲載

竹田恒泰 (takenoma) on Twitter

作家 竹田恒泰 | Facebook

畑山亜梨紗 (a_UFO_91) on Twitter

「ありさのぶろぐ。」

photo credit: baerchen57 via photopin cc