【5年ぶり】この夏は冷夏に?エルニーニョ現象発生の可能性が高い見通し

【5年ぶり】この夏は冷夏に?エルニーニョ現象発生の可能性が高い見通し

121
シェア
【5年ぶり】この夏は冷夏に?エルニーニョ現象発生の可能性が高い見通し

気象庁は4月10日(木)、この夏は5年ぶりのエルニーニョ現象が発生する可能性が高いとの見通しを発表しました。

気象庁 | エルニーニョ監視速報

夏にエルニーニョ現象が発生すると、太平洋高気圧の張り出しが弱まるために冷夏になる傾向があります。

[box type=”shadow” ]エルニーニョ現象とは、太平洋赤道域の日付変更線付近から南米のペルー沿岸にかけての広い海域で海面水温が平年に比べて高くなり、その状態が1年程度続く現象です。

逆に、同じ海域で海面水温が平年より低い状態が続く現象はラニーニャ現象と呼ばれています。

ひとたびエルニーニョ現象やラニーニャ現象が発生すると、日本を含め世界中で異常な天候が起こると考えられています。

引用元:http://www.data.jma.go.jp/gmd/cpd/data/elnino/learning/faq/whatiselnino.html

[/box]

[box type=”shadow” ]
海洋(西岸強化、エルニーニョ現象)-12

[/box]

[highlight]参考URL[/highlight]

札幌管区気象台ホームページ

photo credit: Maurizio Costanzo – mavik2007 via photopin cc