【北海道でもオープン予定】竹鶴政孝生誕120周年を記念「竹鶴ミュージアムバー 東京」-4月29日(火)~5月18日(日)

【北海道でもオープン予定】竹鶴政孝生誕120周年を記念「竹鶴ミュージアムバー 東京」-4月29日(火)~5月18日(日)

126
シェア
【北海道でもオープン予定】竹鶴政孝生誕120周年を記念「竹鶴ミュージアムバー 東京」-4月29日(火)~5月18日(日)

アサヒビールは、ニッカウヰスキー株式会社の創業80周年と創業者である竹鶴政孝の生誕120周年を記念して、ピュアモルトウイスキー「竹鶴」ブランド初となるオフィシャルバー「竹鶴 MUSEUM BAR TOKYO(ミュージアムバートーキョー)」を29日(火)、東京・六本木ヒルズ内「ヒルズカフェ/スペース」に期間限定でオープンしました。

店内は、“日本のウイスキーの父”と呼ばれる竹鶴政孝ゆかりの品を展示するエリア「MUSEUM SPACE(ミュージアムスペース)」と、リタをイメージしたオリジナルカクテルや「竹鶴」ブランドをさまざまな飲み方で楽しめるエリア「BAR SPACE(バースペース)」の2つのエリアで構成されています。

また、約1,000本限定で発売する「竹鶴21年ピュアモルト ポートウッドフィニッシュ※」を1日あたり20杯限定で販売するとしています。

※長期熟成ならではの濃密な香りとリッチで深い余韻が特徴の「竹鶴21年ピュアモルト」をポートワイン樽でさらに熟成したもの。竹鶴21年ピュアモルト ポートウッドフィニッシュ|竹鶴ピュアモルト|NIKKA WHISKY

竹鶴 MUSEUM BAR TOKYO(ミュージアムバートーキョー)」は今月18日(日)まで。今後、北海道や宮城県でも展開する予定があるそうなので、楽しみです。

[box type=”shadow” ]「MUSEUM SPACE(ミュージアムスペース)」展示品の一例
(左)「ニッカウヰスキー(ニッカ第1号ウイスキー)」(右)「竹鶴ノート」
【北海道でもオープン予定】竹鶴政孝生誕120周年を記念「竹鶴ミュージアムバー 東京」-4月29日(火)~5月18日(日)

引用元:http://www.asahibeer.co.jp/news/2014/0428.html

[/box]

[box type=”shadow” ]
ニッカウヰスキー余市蒸溜所(北海道遺産)
昭和11年にウイスキーの製造が開始されて以来、変わらぬ製法で蒸溜、貯蔵を行う。ス­コットランドを偲ばせる社屋は、当時の社員の手作りによって建設された。

[/box]

[highlight]参考URL[/highlight]

アサヒビール – その感動を、わかちあう。

ニッカウヰスキー

竹鶴政孝とリタ | NIKKA WHISKY – ニッカウヰスキー