【※動画】日経スペシャル ガイアの夜明け「客をつかむ!独自の戦略~ホームセンターの今~」-2014年5月6日(火)

【※動画】日経スペシャル ガイアの夜明け「客をつかむ!独自の戦略~ホームセンターの今~」-2014年5月6日(火)

150
シェア
【※動画】日経スペシャル ガイアの夜明け「客をつかむ!独自の戦略~ホームセンターの今~」-2014年5月6日(火)

テレビ東京系列で放送している経済ドキュメンタリー番組「日経スペシャル ガイアの夜明け 時代を生きろ!闘い続ける人たち」

2014年5月6日(火)22時00分からの放送は、「客をつかむ!独自の戦略~ホームセンターの今~」を取り上げます。

園芸用品や日曜大工用品などを販売するホームセンター。店舗数はこれまで右肩上がりで増え続け、いまでは4,500店舗以上もあるそうです。しかし、増えすぎたホームセンター同士の集客争いが激化し、家電量販店や100円ショップなど他の業界との競争にもさらされています。

そんな中、ターゲットを絞って個性のある店作りをすることで固定客をつかもうという動きが出てきています。生き残りをかけたホームセンターの差別化戦略に迫る1時間。

アイリスオーヤマが三井不動産からホームセンターのユニディを買収!生き残りをかけた戦略とは?

案内人は江口洋介。ナレーターは内藤剛志。

日経スペシャル ガイアの夜明け : テレビ東京

ガイアの夜明け 番組公式ツイッター (gaia_no_yoake) on Twitter

[box type=”shadow” ]

大山健太郎 アイリスオーヤマ社長 2013.10.25
Kentaro Ohyama, President, IRISOHYAMA.Inc
研究会「成長戦略には何が必要か 現場からの視点」の2回目。仙台市に本社を置く生活用品の企画、製造、販売会社のアイ­リスオーヤマ社長の大山健太郎氏が会見し、記者の質問に答えた。
司会 日本記者クラブ企画委員 水野裕司(日経新聞)
日本記者クラブのページ
http://www.jnpc.or.jp/activities/news…

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
記者による会見リポート(日本記者クラブ会報2013年11月号に掲載)

具体的な数字が土台 成長戦略考える

 研究会「成長戦略には何が必要か」の2回目のゲストは、アイリスオーヤマの大山健太郎­社長。収納・インテリア用品や園芸、ペット用品、LED照明など新事業を次々に興して­きた経営者だ。

 始めたばかりのコメビジネスを中心に語ってもらった。精米して鮮度管理したコメを、家­庭が一度の食事で使う量にあたる3合パックに小分けして売る。「なぜ食べ物を飼料のよ­うに大きなポリ袋に詰めるのか」と、消費者の利便を考えてこなかった従来のコメの売り­方を批判した。農業規制改革への要望としては第一に、農地の集約による大規模化を挙げ­た。効率化が「ものづくりと同様に、品質と生産性の向上に不可欠」という。

 アイリスと同じく仙台市に本社を置く農業生産法人と組み、共同で精米会社を設立してい­る。生産者とのネットワークを広げ、コメを全国で販売すれば、東北の復興を後押しでき­るとみる。

 「家庭がLED照明を使っている時間は1日あたり5・5時間」などと、数字をしっかり­押さえるのも大山流のようだ。農地面積の日米比較や、コメの消費量の昔と今も、すべて­数字で説明した。データは成長戦略を考える土台といえる。

企画委員 日本経済新聞論説副委員長
水野 裕司

[/box]

photo credit: zzpza via photopin cc