直木賞作家・渡辺淳一さん死去 代表作に「失楽園」「愛の流刑地」「鈍感力」【渡辺淳一文学館】

直木賞作家・渡辺淳一さん死去 代表作に「失楽園」「愛の流刑地」「鈍感力」【渡辺淳一文学館】

107
シェア
直木賞作家・渡辺淳一さん死去 代表作に「失楽園」「愛の流刑地」「鈍感力」【渡辺淳一文学館】

「失楽園」「愛の流刑地」「鈍感力」などの作品で知られる作家の渡辺淳一(わたなべじゅんいち)さんが4月30日(水)、前立腺がんのため東京都内の自宅で亡くなりました。80歳でした。

渡辺さんは、1933年(昭和8年)北海道上砂川町生まれ。

[box type=”shadow” ]1964年札幌医科大学助手、1966年同大医学部整形外科教室講師。医業と並行して、北海道の同人誌に執筆を続ける。同大学の和田寿郎教授による和田心臓移植事件を題材にした『小説・心臓移植』(1969年3月。後に『白い宴』と改題、角川文庫)を発表し、大学を去る。1970年、37歳の時に総理大臣寺内正毅をモデルとしたとされる『光と影』で第63回直木賞を受賞し、本格的に作家活動を開始した。直木賞、吉川英治文学賞、中央公論文芸賞、柴田錬三郎賞、島清恋愛文学賞選考委員。

引用元:「渡辺淳一」(2014年5月6日 (火) 00:54(日時は個人設定で未設定ならばUTC)。)『ウィキペディア日本語版』。http://ja.wikipedia.org/wiki/渡辺淳一

[/box]

[box type=”shadow” ]渡辺淳一文学館

大きな地図で見る[/box]

[highlight]参考URL[/highlight]

淳平書店-JUNICHI WATANABE BOOK STORE

渡辺淳一文学館 トップページ

渡辺淳一 日経新聞に書かなかった有名女優との性豪交遊(1)「サイズが小さい」と悩み…(アサ芸プラス) – エキサイトニュース(1/2)

photo credit: Photosightfaces via photopin cc