【プラスチック油化装置/株式会社ブレスト】未来世紀ジパング「世界に貢献・日本のごみリサイクル」-2014年5月12日(月)22時~【魔法のかご/魔法のバケツ】

【プラスチック油化装置/株式会社ブレスト】未来世紀ジパング「世界に貢献・日本のごみリサイクル」-2014年5月12日(月)22時~【魔法のかご/魔法のバケツ】

133
シェア
【プラスチック油化装置/株式会社ブレスト】未来世紀ジパング「世界に貢献・日本のごみリサイクル」-2014年5月12日(月)22時~【魔法のかご/魔法のバケツ】

テレビ東京系列で放送している「日経スペシャル 未来世紀ジパング ~沸騰現場の経済学~」。

日本経済新聞社が番組制作に協力する「日経スペシャル」第3弾。最新の経済事情の現場を取材し、沸騰ナビゲーターとゲストとの対談を通して経済をわかりやすく伝える内容となっています。

2014年5月12日(月)22時からの放送は、「世界に貢献・日本のごみリサイクル」ごみ埋め立て地が油田に変わる!?日本の小さな会社が生み出したすごい技術が世界を救う!日本人が開発した生ごみを堆肥化する“魔法のかご”とは?をお届け。

神奈川県平塚市にある従業員9人という小さな会社「ブレスト」が開発した、プラスチックごみから油を生み出す技術。この技術を使った油化装置が、リゾート地・タヒチで問題となっているごみ処理問題を解決しようとしています。

また、経済成長が著しいインドネシアでもごみ問題が深刻化しており、川沿いに立つ家屋からは外にごみがそのまま投げ捨てられているという有様。雨の日にはごみが流出して溜まり、水がせき止められることにより洪水が発生することも珍しくないそうです。

そんなインドネシアで ある日本人が開発した生ごみを入れておくだけで数週間で堆肥化できるという「魔法のかご/魔法のバケツ」が人気だそうです。開発者の名をとり「高倉式コンポスト」「タカクラバスケット」とも呼ばれています。

MCは、SHELLY。進行役は、大橋未歩(テレビ東京アナウンサー)。沸騰ナビゲーターは、山口義行(立教大学教授)。

ゲストは、 ジョナサン・ソーブル(フィナンシャルタイムズ東京支局長)、宮崎美子、イレス(インドネシア人)。

日経スペシャル 未来世紀ジパング ~沸騰現場の経済学~|テレビ東京

日経スペシャル 未来世紀ジパング | Facebook

神奈川県平塚市廃プラスチック油化装置のブレスト

「魔法のバケツ」の普及につとめる、日本人研究者の情熱 – 環境省

[box type=”shadow” ]
Plastic to Oil Fantastic
Read the article: http://ourworld.unu.edu/en/plastic-to…
The Japanese company Blest has developed one of the smallest and safest plastic-to-oil conversion machines out on the market today. It’s founder and CEO, Akinori Ito is passionate about using this machine to change the way people around the world think about their plastic trash. From solving our landfill and garbage disposal issues to reducing our oil dependancy on the Middle East, his machine may one day be in every household across Japan.
While holding up a bag of trash, he states, “It’s a waste to throw away, isn’t it? This is a treasure.”

記事読む:http://ourworld.unu.edu/en/plastic-toを…
日本企業ブレストは、現在市販されている最小の安全なプラスチック製の対油の変換機の1を開発しました。それは創設者兼最高経営責任者(CEO)の、伊東昭典、世界中の人々が彼らのプラスチック製のゴミ箱についての考え方を変更するには、このマシンを使用して熱心に取り組んでいます。中東、当社の石油依存を減らすことに私たちの埋立やごみ処理の問題を解決するから、彼のマシンは、1日に全国のすべての家庭にあってもよい。
ゴミ袋を手に持っている間、彼は「それはない、それは捨てる無駄だ?これは宝物です。」と述べ


[/box]

photo credit: epSos.de via photopin cc