【飲み込み障害を予防する「ベー体操」とは?】駆け込みドクター!運命を変える健康診断「知らないとコワイせきSP」-5月18日(日)19時57分~【死亡率が高い肺炎「誤えん性肺炎(誤嚥性肺炎)」とは】

【飲み込み障害を予防する「ベー体操」とは?】駆け込みドクター!運命を変える健康診断「知らないとコワイせきSP」-5月18日(日)19時57分~【死亡率が高い肺炎「誤えん性肺炎(誤嚥性肺炎)」とは】

144
シェア
【飲み込み障害を予防する「ベー体操」とは?】駆け込みドクター!運命を変える健康診断「知らないとコワイせきSP」-5月18日(日)19時57分~【死亡率が高い肺炎「誤えん性肺炎(誤嚥性肺炎)」とは】

TBSテレビ系列で放送している「駆け込みドクター!運命を変える健康診断」は、ちょっとした症状を放置しておくとどうなるか、体からのサインを専門医たちが見極めて徹底検証する番組です。

2014年5月18日(日)19時57分からの放送は、「知らないとコワイせきSP」をお届けします。

今回のテーマは「咳(せき)」。咳に詳しい熱田了先生(呼吸器内科)をむかえて、原因不明の長引く咳の原因と対策を徹底解説します。

そもそも、どうして咳が出るのか?そのメカニズムを詳しく紹介します。1回の咳の飛まつは2メートルにもなり、咳をするだけで2キロカロリーを消費、肋骨にひびが入ることもあるとか。

嘘をついたときにも咳が出る!?咳と一緒に出る痰の正体とは?

また、大人になっても発症する「大人の喘息(ぜんそく)」とは?咳と喘息を見分ける特徴や、悪化させる原因、最新治療法などを紹介します。

喘息はハウスダストと大きく関係することは知られていますが、番組では春日俊彰(オードリー)の自宅のハウスダストを徹底調査!その驚くべき結果とは!?

さらに、日本人の死亡原因3位の「肺炎」を取り上げます。高齢者に多くみられる死亡率が高い肺炎「誤えん性肺炎(誤嚥性肺炎)」とは?

危険な肺炎の原因となる飲み込み障害とは?その予防法「ベー体操」を紹介します。

司会は、久本雅美、オードリー(若林正恭・春日俊彰)。進行は、吉田明世(TBSアナウンサー)。

ゲストは、市川知宏、梅沢富美男、田中卓志(アンガールズ)、ダレノガレ明美、羽野晶紀、矢沢心。

医者、 森田豊(医療ジャーナリースト)、池谷敏郎(循環器科)、大竹真一郎(消化器科)、友利新(皮膚科)、熱田了(呼吸器内科)。

駆け込みドクター!運命を変える健康診断 | TBSテレビ

[divider]

[box type=”shadow” ]下障害(えんげしょうがい)とは、種々の原因によって嚥下の機能が損なわれること。嚥下障害は誤嚥性肺炎の原因となり、栄養摂取に経管栄養や胃瘻を必要とすることがある。

引用元:「嚥下障害」( 2013年11月17日 (日) 11:00(日時は個人設定で未設定ならばUTC)。)『ウィキペディア日本語版』。http://ja.wikipedia.org/wiki/嚥下障害

[/box]

[box type=”shadow” ]食・嚥下(せっしょく・えんげ)は、食物を認識して口に取り込むことに始まり、胃に至るまでの一連の過程を指す。 ヒトの摂食・嚥下は現在、以下のような5期に分けて説明されている(準備期を口腔期に含め、4期で説明する場合もある)。ただし、以下の5期がスムーズに行われるのはあくまで命令嚥下の時であって、自由嚥下の際は必ずしも以下の流れになるとは限らない。

引用元:「摂食・嚥下」(2013年11月6日 (水) 06:56(日時は個人設定で未設定ならばUTC)。)『ウィキペディア日本語版』。http://ja.wikipedia.org/wiki/摂食・嚥下

[/box]

[box type=”shadow” ]
食事介助 (01) 口腔体操 食事前が効果的 誤嚥予防・唾液の分泌促進に 【介護技術動画】

[/box]

[highlight]参考URL[/highlight]

嚥下体操 | はじめよう!やってみよう! 口腔ケア

摂食・嚥下障害の訓練法

食前・嚥下体操 – サラヤ 株式会社

photo credit: tranchis via photopin cc