【世界一大きな食虫植物「ネペンテス・ラジャ(Nepenthes rajah)」】トコトン掘り下げ隊!生き物にサンキュー!!「食虫植物」-5月21日(水)19時~【ボルネオ島キナバル山】

【世界一大きな食虫植物「ネペンテス・ラジャ(Nepenthes rajah)」】トコトン掘り下げ隊!生き物にサンキュー!!「食虫植物」-5月21日(水)19時~【ボルネオ島キナバル山】

294
シェア
【世界一大きな食虫植物「ネペンテス・ラジャ(Nepenthes rajah)」】トコトン掘り下げ隊!生き物にサンキュー!!「食虫植物」-5月21日(水)19時~【ボルネオ島キナバル山】

TBSテレビ系列で放送している「トコトン掘り下げ隊!生き物にサンキュー!!」は、地球の生き物たちが持つ“生きる術”“特殊能力”“驚くべき技”を紹介する番組です。

2014年5月21日(水)19時からの放送は、「食虫植物」の知られざる発見をお届けします。

文字通り虫を食べる植物「食虫植物」とは一体どんな生き物なのか?じつは驚くべき能力を持っていた!

食虫植物は虫以外に何を食べているのか?イシバシハザマ(石橋尊久・硲陽平)が徹底調査する。タイムマシーン3号(山本浩司・関太)が東南アジアのボルネオ島で世界一大きな食虫植物「ネペンテス・ラジャ」に襲われる!?

MCは、松嶋尚美、徳井義実(チュートリアル)。ゲストは、遠藤章造(ココリコ)、岡田結実、薬丸裕英、山口もえ。掘り下げ隊は、大沢あかね、小島よしお、イシバシハザマ(石橋尊久・硲陽平)、タイムマシーン3号(山本浩司・関太)。

トコトン掘り下げ隊! 生き物にサンキュー!! | TBSテレビ

[divider]

-世界一大きな食虫植物

世界一大きな食虫植物といわれているのが、ボルネオ島(※ボルネオ島 – Wikipedia)の最高峰であるキナバル山に分布している「ネペンテス・ラジャ(Nepenthes rajah)」という食虫植物だそうです。

「ネペンテス(Nepenthes)」というのは、日本では「ウツボカズラ」と呼ばれています。虫を捕らえるために葉が壷のように変形しているのが特徴。

ウツボカズラのなかでも最大種が「ネペンテス・ラジャ」。「王様」を意味する「ラジャ(rajah)」の名にふさわしい堂々とした風格。虫だけではなくネズミなんかも捕らえて消化液で溶かしてしまうらしい。

[box type=”shadow” ]虫植物(しょくちゅうしょくぶつ)は、食虫という習性を持っている被子植物門に属する植物の総称。食肉植物、肉食植物と言われる場合もある。食虫植物は「虫を食べる植物」ではあるが、虫だけを食べてエネルギーを得ているのではなく、基本的には光合成能力があり、自ら栄養分を合成して生育する能力がある。

引用元:「食虫植物」(2014年1月15日 (水) 09:57(日時は個人設定で未設定ならばUTC)。)『ウィキペディア日本語版』。http://ja.wikipedia.org/wiki/食虫植物

[/box]

[box type=”shadow” ]ツボカズラ(靫葛)は、ウツボカズラ科(Nepenthaceae)の総称で、代表的な食虫植物。または、そのうちの一種である、Nepenthes rafflesiana の標準和名。ただし、ウツボカズラを Nepenthes rafflesiana の和名として使われることはほとんどない。ウツボカズラ科はウツボカズラ属のみからなり、野生で約70種が知られている。

引用元:「ウツボカズラ」(2014年5月13日 (火) 00:37(日時は個人設定で未設定ならばUTC)。)『ウィキペディア日本語版』。http://ja.wikipedia.org/wiki/ウツボカズラ

[/box]

[box type=”shadow” ]
nepenthes rajah at the mountain garden at mesilau

[/box]

[box type=”shadow” ]
食虫植物 ウツボカズラ動画  Nepenthes veitchii

[/box]

photo credit: Elliot Li via photopin cc