【「横須賀線電車爆破事件」の犯人の動機とは?】奇跡体験!アンビリバボー「実録!日本全国連続列車爆破テロ!!犯人を必ず検挙せよ」-2014年5月22日(木)19時57分~【純多摩良樹(すみたまよしき)】

【「横須賀線電車爆破事件」の犯人の動機とは?】奇跡体験!アンビリバボー「実録!日本全国連続列車爆破テロ!!犯人を必ず検挙せよ」-2014年5月22日(木)19時57分~【純多摩良樹(すみたまよしき)】

168
シェア
【「横須賀線電車爆破事件」の犯人の動機とは?】奇跡体験!アンビリバボー「実録!日本全国連続列車爆破テロ!!犯人を必ず検挙せよ」-2014年5月22日(木)19時57分~【純多摩良樹(すみたまよしき)】

世界中の幸福な奇跡、常識や科学では解明できない超常現象や怪奇現象など“アンビリバボー”な話をお届けする「奇跡体験!アンビリバボー」(フジテレビ系)。ストーリーテラーはビートたけし。

2014年5月22日(木)19時57分からの放送は、「実録!日本全国連続列車爆破テロ!!犯人を必ず検挙せよ」をお届け。

1968年(昭和43年)6月16日(日)午後、神奈川県鎌倉市の大船駅と神奈川県横須賀市の久里浜駅をむすぶ横須賀線の上り電車で発生した「横須賀線電車爆破事件」。

北鎌倉駅を出発し、大船駅まで数百メートルのところにさしかかったとき、網棚に仕掛けられていた時限式爆弾が爆発。爆弾の真下に座っていた男性1名が死亡したほか、数十名におよぶ重軽傷者を出す大惨事となりました。

この時代は、前年に発生した「山陽電鉄爆破事件」など電車を標的にした爆弾事件が相次いでいました。

この事件に投入された捜査員はのべ25,000人、爆弾が包まれていた新聞の破片をひとつひとつ繋ぎ合わせるなど、執念の捜査の結果、山形県出身の男が逮捕されました。

犯人は一体なぜ、罪もない人たちを無差別に狙ったのか?その動機とは?

出演は、剛力彩芽、バナナマン(設楽統・日村勇紀)、磯野貴理子、佐藤かよ。

奇跡体験!アンビリバボー – フジテレビ

[divider]

-横須賀線電車爆破事件

警察の執念による捜査の結果、逮捕されたのは山形県出身の当時25歳の男でした。

動機は、婚約していた同郷の恋人にふられたことによる恨みで、この女性が利用していた電車に爆弾を仕掛けたようです。ちなみに、発生時に元恋人はこの電車に乗っていなかったとのこと。

1971年(昭和46年)に死刑が確定し、4年後の1975年(昭和50年)に執行されました。享年32。

男は、獄中でキリスト教の洗礼をうけ、「純多摩良樹」のペンネームで短歌を投稿していたそうです。

[box type=”shadow” ]須賀線電車爆破事件(よこすかせんでんしゃばくはじけん)とは、1968年に国鉄(現在のJR東日本)横須賀線で発生し15名の死傷者を出した爆弾事件である。警察庁広域重要指定事件107号。

1968年(昭和43年)6月16日午後3時ごろ、横須賀線上り列車・横須賀発東京行(113系)が大船駅手前に差し掛かったところで、前から6両目の網棚におかれていた荷物が突然爆発した。その爆発で男性1人(32歳)が死亡し、14名の重軽傷者を出す惨事となった。当日は日曜日であり、行楽帰りの乗客が多かった。

なお、当時は1967年6月18日の山陽電鉄爆破事件などの列車に対する爆弾事件が続発しており、世間が騒然としていた。当日は山陽電鉄爆破事件と同じく父の日でもあった。

警察庁広域重要指定事件としては、単一の事件で広域指定された唯一の事例である。

引用元:「横須賀線電車爆破事件」(2014年3月30日 (日) 22:44(日時は個人設定で未設定ならばUTC)。)『ウィキペディア日本語版』。http://ja.wikipedia.org/wiki/横須賀線電車爆破事件

[/box]

[highlight]参考URL[/highlight]

横須賀線電車爆破事件 – Wikipedia

横須賀線爆破事件

横須賀線・爆破事件(警察庁指定107号)(事件史探求)

[box type=”shadow” ]「横須賀線電車爆破事件」横須賀線・大船駅付近の線路

大きな地図で見る
[/box]

photo credit: alpha du centaure via photopin cc