※動画【世界最小「ヒメイカ」/幻のイカ「弁慶」とは?】ザ!鉄腕!DASH!!「DASH海岸/世界一うまいラーメン作れるか!?」-5月25日(日)19時~【北海道産小麦「春よ恋」/浅草開花楼】

※動画【世界最小「ヒメイカ」/幻のイカ「弁慶」とは?】ザ!鉄腕!DASH!!「DASH海岸/世界一うまいラーメン作れるか!?」-5月25日(日)19時~【北海道産小麦「春よ恋」/浅草開花楼】

122
シェア
※動画【世界最小「ヒメイカ」/幻のイカ「弁慶」とは?】ザ!鉄腕!DASH!!「DASH海岸/世界一うまいラーメン作れるか!?」-5月25日(日)19時~【北海道産小麦「「春よ恋」」/浅草開花楼】

日本テレビ系列で放送しているTOKIO(城島茂・山口達也・国分太一・松岡昌宏・長瀬智也)が出演するバラエティ番組「ザ!鉄腕!DASH!!」。

2014年5月25日(日)19時からの放送は、「DASH海岸」と「世界一うまいラーメン作れるか!?」の2本立て。

6回目の春をむかえた「DASH海岸」では、城島茂と山口達也の2人が不思議なお面で安全祈願。

自然の干潟で世界最小のイカの捕獲大作戦を決行!さらに、あのダイオウイカまで東京湾に出現!?

「弁慶(べんけい)」と呼ばれている幻のイカを捕獲するため、大の生き物好きで知られる桝太一(日本テレビアナウンサー)が参戦!各々、漂流物で個性的な仕掛けを手作り。

さらに、新鮮とれたてのイカで漁師メシを堪能します。

TOKIOが20年で培った経験を生かして、日本が世界に誇る食材で最高のラーメンを作る新企画「世界一うまいラーメン作れるか!?」では、リーダー・城島茂が高知県土佐清水で「ソウダガツオ」を手に入れた頃、味噌ラーメン好きの長瀬智也が東京都内の味噌ラーメン店へ。

ラーメンの主役ともいうべき「麺」は、世界一うまいラーメン作りに重要なことに気付いた長瀬は、浅草の老舗製麺所「浅草開花楼(あさくさかいかろう)」を訪ねる。

さらに、最高の麺を作るため、最高の国産小麦「春よ恋」をもとめて北海道へ。

ザ!鉄腕!DASH!!

[divider]

世界最少のイカ「ヒメイカ」

体長1~2センチにしかならない世界最小のイカ「ヒメイカ(姫烏賊)」。体から粘液を出して海藻などに付着し、寿命は3ヶ月と短い。東京湾では、湾の入口に近いアマモ場などでよく見られる。

[box type=”shadow” ]
ヒメイカ

[/box]

[highlight]参考URL[/highlight]

ヒメイカ

【ヒメイカ】〜体長1〜2cm世界最小のイカ | ヒメイカ科 | evis生物図鑑 | 名古屋でダイビング イルカツアーなら DiveProShop evis

[divider]

幻のイカ「弁慶(べんけい)」

肉厚で甘味があって美味しい「ケンサキイカ(剣先烏賊)」。特に大型のものは「弁慶」とも呼ばれているようです。

[box type=”shadow” ]ンサキイカ(剣先烏賊、Photololigo edulis)はツツイカ目ヤリイカ科に属するイカの一種。ウロトゥチス属(Uroteuthis)ケンサキイカ亜属に分類されることもある。

味がよく、日本各地で漁獲されている。アカイカ・シロイカ・マルイカ等の別名がある。12月-2月の冬場は水深80-100mの深場に生息し、春先の水温上昇とともに浅場へ移動する。通常サイズは20-40cmで、特に大型のものは「弁慶」の別名で呼ばれる。

引用元:「ケンサキイカ」(2014年2月24日 (月) 06:24(日時は個人設定で未設定ならばUTC)。)『ウィキペディア日本語版』。http://ja.wikipedia.org/wiki/ケンサキイカ

[/box]

[box type=”shadow” ]ケンサキイカ(弁慶)

引用元:photo credit: Bill Gracey via photopin cc

[/box]

[box type=”shadow” ]
ケンサキイカのさばき方と刺身

[/box]

[divider]

浅草の老舗製麺所「浅草開花楼(あさくさかいかろう)」

浅草にある製麺所「浅草開花楼(あさくさかいかろう)」は、つけ麺で有名な「六厘舎」をはじめとする人気ラーメン店の麺を手がけていることで知られています。

[box type=”shadow” ]
浅草 製麺業者 浅草開化楼 – 街ログ

[/box]

[highlight]参考URL[/highlight]

浅草開化楼

浅草開化楼 (asakusakaikarou) on Twitter

浅草開化楼 – 東京都台東区 – 飲食店向け卸売 | Facebook

[divider]

国産小麦「春よ恋」

北海道における小麦の生産量は、全国の6割を占めています。北海道で栽培されている小麦には、春に種をまいて夏に収穫する「春まき小麦」と、秋に種をまいて翌年の夏に収穫する「秋まき小麦」があります。

いくつかある品種のうちのひとつ「春よ恋」は、強力粉でおもにパン用として使われています。病気に弱かった「ハルユタカ」の後継品種として開発されました。

長瀬智也さんは、この「春よ恋」をもとめて北海道へやって来たみたいだけど、新品種「ゆめちから」のほうが超強力粉でラーメン用の麺作りには最高だと思うんけど、どうなんだろう?

[box type=”shadow” ]石狩市で栽培されている春まき小麦は「春よ恋」という品種で、「ハルユタカ」より改良されて作られた品種です。国産小麦らしい味わいと食感を備えています。蛋白質含有量が多く、主にパン・ラーメン・ピザ等に使用されています。

一方秋まき小麦としては平成23年度より従来品種の「ホクシン」から新品種の「きたほなみ」という品種に全作付を変更し栽培に取り組んでいます。「きたほなみ」は製粉性及び粉色およびゆでうどんの色が優れている上、従来の「ホクシン」に比べ多収であるという特製があります。主にうどんやお菓子に使用されています。
石狩産の小麦は、北海道内だけでなく本州の製粉工場に出荷しています。

引用元:http://www.city.ishikari.hokkaido.jp/citizen/life/kankou05048.html

[/box]

[box type=”shadow” ]
石狩市@石狩産春小麦 春よ恋 2013/09/18(3分52秒)

[/box]

[highlight]参考URL[/highlight]

北海道の小麦粉 – アグリシステム株式会社

麦・豆・そばのホームページ – 北海道

photo credit: Jaako via photopin cc