【わずか1日で失明!?網膜剥離(もうまくはくり)カレンダーで簡単チェック】主治医が見つかる診療所「早期発見SP!放っておくと失明する危険な眼の病気」-6月2日(月)20時~

【わずか1日で失明!?網膜剥離(もうまくはくり)カレンダーで簡単チェック】主治医が見つかる診療所「早期発見SP!放っておくと失明する危険な眼の病気」-6月2日(月)20時~

112
シェア
【わずか1日で失明!?網膜剥離カレンダーで簡単チェック】主治医が見つかる診療所「早期発見SP!放っておくと失明する危険な眼の病気」-6月2日(月)20時~

テレビ東京系列で放送している「主治医が見つかる診療所」は、医療に関するさまざまな疑問に現役医師たちが一挙お答えする、泣いたり笑ったりできる新しいスタイルの“医者を選べる”知的エンターテイメントバラエティ番組です。

2014年6月2日(月)20時からの放送は、早期発見プロジェクト第5弾!「早期発見SP!放っておくと失明する危険な眼の病気」。

今回は、放っておくと失明の危険もある眼の病気「網膜剥離(もうまくはくり)」を取り上げます。

網膜に穴があいて剥がれる(剥離)ことで発症する「網膜剥離」は、一般的にはボクサーに多い病気と思われがちですが、じつは、ボクサーに限らず年間1万3,000人が発症しているといわれています。

痛みがないまま病状が進行して発症すると、わずか1日で失明してしまうことも。

スマートフォンが手放せない、眼をよくこする、高血圧、虫が飛んでいるような眼の違和感、電車より車移動が多い・・・じつはこれらに当てはまる数が多いほど「網膜剥離」に注意が必要です。

番組では、体験者の証言をまじえて早期発見のポイントや予防法までを徹底解説します。自宅で簡単にできるカレンダーを使った簡単早期発見法とは?

俳優で歌手の白竜さんは、網膜剥離になり失明の危機を体験しています。ある日、ふと視界に黒いごみのようなものがあることに気付いたそうですが放っておいたら、数日後には視界の半分が見えなくなり、そこで初めて病院に行ったところ判明したそうです。

その後、手術を受けて失明は回避したそうですが、視力はガクンと落ちてしまったとのこと。

司会は、草野仁、東野幸治。アシスタントは、森本智子(テレビ東京アナウンサー)。

出演は、梅沢富美男、大桃美代子、宮本和知。

番組主治医は、秋津壽男(内科)、丁宗鐵(漢方)、南雲吉則(乳腺外科・形成外科)、新見正則(外科・漢方)、姫野友美(心療内科)、深作秀春(眼科)。

主治医が見つかる診療所:テレビ東京

別冊主治医が見つかる診療所 健康スイッチ|BSジャパン

photo credit: César Augusto Serna Sz via photopin cc