【若き天才科学者「ヤン・ヘンドリック・シェーン」が起こした捏造スキャンダル】ザ!世界仰天ニュース「ウソを見破れ!スペシャル!」-6月4日(水)21時~【アメリカの小保方さん?】

【若き天才科学者「ヤン・ヘンドリック・シェーン」が起こした捏造スキャンダル】ザ!世界仰天ニュース「ウソを見破れ!スペシャル!」-6月4日(水)21時~【アメリカの小保方さん?】

134
シェア
※動画【若き天才科学者「ヤン・ヘンドリック・シェーン」が起こした捏造スキャンダル】ザ!世界仰天ニュース「ウソを見破れ!スペシャル!」-6月4日(水)21時~【アメリカの小保方さん?】

日本テレビ系列で放送している「ザ!世界仰天ニュース」は、世界中で起きたさまざまな事件や事故などを、再現VTRとともに紹介するバラエティ番組です。

2014年6月4日(水)21時からの放送は、「ウソを見破れ!スペシャル!」と題して、世界有数の研究機関として知られるアメリカの「ベル研究所」から発表されたある論文について取り上げます。

人類で初めて電話を発明したグラハム・ベル(Graham Bell)から、その名がつけられたといわれる「ベル研究所(Bell Laboratories)」に勤める、ドイツ出身の若き物理学研究者ヤン・ヘンドリック・シェーン(Jan Hendrik Schön/1970-)

Bell Labs | Bell Labs

ヘンドリック・シェーン – Wikipedia – ウィキペディア

2000年代前半にヤン・ヘンドリック・シェーンが発表したある論文に世界が震撼しました。彼の研究分野は、電気抵抗を0にして電気を流れやすくする「超伝導」という現象なんですが、「超伝導」が初めて発見されたときの温度マイナス268度を大きく上回る、マイナス221度で発生させたというもの。

この画期的な研究成果に世界中が騒然となりますが、その論文をもとに追試を行うも誰も成功できません。

さらに、またも自身の記録を大きく更新するマイナス156度で発生させたとする論文が、世界的権威のある科学雑誌「ネイチャー」に掲載され、ヤン・ヘンドリック・シェーンはノーベル賞受賞も間違いないと目されるまでに。

しかし、データ内容がおかしいとの申し立てによって調査委員会が設置され、追跡調査を行った結果、彼の論文の多くのデータが重複していることが明らかになります。

こうして調査委員会は、2002年9月25日に調査報告書を公表し、ヤン・ヘンドリック・シェーンによる「科学における不正行為」が白日の下に晒されたのでした。

科学における不正行為 – Wikipedia

Schön scandal – Wikipedia, the free encyclopedia

小保方晴子さん側から、放送後にクレームが来たりするのかな。

[box type=”shadow” ]ル研究所(ベルけんきゅうじょ、Bell Laboratories)はもともとBell System社の研究開発部門として設立された研究所である。ベル電話研究所とも。

電話交換機から電話線のカバー、トランジスタまであらゆるものの開発を行っている。 ベル研究所の名前は、電話の発明者グラハム・ベルに由来するといわれている。現在はアルカテル・ルーセントの子会社。

ニュージャージー州マレーヒルを本拠地とし、その研究施設は世界中に点在する。

ベル研究所が行っていることはおおまかにいって研究、システム工学、開発の3つに分けることができる。研究としては主に電気通信の基礎技術に関するもので、数学、物理学、人間行動科学、材料科学、コンピュータープログラミング理論などについて行っている。システム工学に関しては電気通信の分野で非常に複雑なシステムを作り上げている。開発としては通信網の構築に必要としたものよりも遥かに多くのものをハードウェア、ソフトウェアどちらの分野でも開発した。

引用元:「ベル研究所」(2013年12月31日 (火) 07:27(日時は個人設定で未設定ならばUTC)。)『ウィキペディア日本語版』。http://ja.wikipedia.org/wiki/ベル研究所

[/box]

司会は、笑福亭鶴瓶、中居正広(SMAP)。ゲストは、要潤、相武紗季、八木真澄・高橋茂雄(サバンナ)、筧美和子、名越康文。アシスタントは、久野静香(日本テレビアナウンサー)。

ザ!世界仰天ニュース

[box type=”shadow” ]※動画【若き天才科学者「ヤン・ヘンドリック・シェーン」が起こした捏造スキャンダル】ザ!世界仰天ニュース「ウソを見破れ!スペシャル!」-6月4日(水)21時~【アメリカの小保方さん?】

引用元:https://www.bell-labs.com/

[/box]

photo credit: bitzcelt via photopin cc