【村上友紀(むらかみゆき)/経済協力開発機構(OECD)】1億人の大質問!?笑ってコラえて!「日本列島 名前の旅」(SG:向井理/藤原竜也)-6月4日(水)19時~【元CanCam専属モデル】

【村上友紀(むらかみゆき)/経済協力開発機構(OECD)】1億人の大質問!?笑ってコラえて!「日本列島 名前の旅」(SG:向井理/藤原竜也)-6月4日(水)19時~【元CanCam専属モデル】

135
シェア
【村上友紀(むらかみゆき)/経済協力開発機構(OECD)】1億人の大質問!?笑ってコラえて!「日本列島 名前の旅」(SG:向井理/藤原竜也)-6月4日(水)19時~【元CanCam専属モデル】

日本テレビ系列で放送している「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」は、所ジョージが司会をつとめるバラエティ番組です。

2014年6月4日(水)19時からの放送は、スペシャルゲストにイケメン俳優の向井理(むかいおさむ)藤原竜也(ふじわらたつや)をまねいて、世界で活躍する強くて美しい女性を紹介する2時間。

今回は2時間スペシャルということで、ゲストもスペシャルな2人。爽やかさがハンパない俳優・向井理さんは、じつは大食いだそうでお米を3合も食べるそうですよ。

岡田准一の主演で映画化され大ヒットとなった、作家・百田尚樹の小説「永遠の0」がドラマ化。これは、テレビ東京開局50周年特別企画で、向井理が主演し、2015年に3夜にわたって放送される予定。

現在公開中の映画「MONSTERZ モンスターズ」(※映画『MONSTERZ モンスターズ』公式サイト)で主演をつとめる、個性派俳優・藤原竜也さんは、子供の遊び「あっち向いてホイ」では誰にも負けないそうで、所ジョージさんとの対決が実現します。

日本列島 名前の旅

日本に無数にある苗字のなかから、たった1つの苗字に絞って勝手に表彰しちゃおうという企画「日本列島 名前の旅」。

今回は、日本の苗字で33番目に多いという「村上」に決定。村上のなかの村上を探したところ、フランス・パリに住むスゴい村上さんを発見!

パリに本部がある経済協力開発機構(OECD)に勤める、元CanCamモデルという経歴を持つ美女、村上友紀(むらかみゆき)さん。

中学のころは英語は苦手で赤点をとるほどだったそうですが、いまでは英語で国際会議を仕切るまでに。

そんな格好いい村上さんは、どのようにして国際機関で働くようになったのか?そこには無謀ともいえる行動力と情熱がありました。さらに、両親からのサプライズに涙・・・

司会は所ジョージ、関根麻里。ゲストは、向井理、藤原竜也、加藤茶、松井玲奈(SKE48)、山里亮太(南海キャンディーズ)、和田アキ子。

1億人の大質問!?笑ってコラえて!|日本テレビ

[divider]

村上友紀(むらかみゆき)

村上友紀(むらかみゆき)さんは、1978年(昭和53年)生まれ。青山学院大学在学中に、ファッション雑誌「CanCam(キャンキャン)」の専属モデルを2年間ほどつとめる。ちなみに、同期には長谷川京子、米倉涼子らがいる。

大学卒業後、留学資金をためて渡米。ハーバード大学大学院を修了し、世界銀行へ就職。2011年4月からはフランス・パリにある経済協力開発機構(OECD)の本部で働く。

世界銀行 | 日本 – World Bank

世界銀行 – Wikipedia

経済協力開発機構(OECD) | 外務省

[box type=”shadow” ]済協力開発機構(けいざいきょうりょくかいはつきこう、英: Organisation for Economic Co-operation and Development, OECD、仏: Organisation de coopération et de développement économiques, OCDE)は、ヨーロッパ、北米等の先進国によって、国際経済全般について協議することを目的とした国際機関。本部はパリに置かれ、公用語は英語とフランス語。

引用元:「経済協力開発機構」(2014年5月22日 (木) 01:21(日時は個人設定で未設定ならばUTC)。)『ウィキペディア日本語版』。http://ja.wikipedia.org/wiki/経済協力開発機構

[/box]

[box type=”shadow” ]MDBs(国際開発金融機関)パンフレット(2010年度版)に日本人スタッフの声として紹介された、村上友紀さん。

高校生の頃から国際機関で開発の仕事に従事する事に憧れていたのですが、具体的に世界銀行に興味を持ち始めたのは大学院に留学してからでした。大学で経済学を専攻していたこともあり、大学院では医療・保健がいかに国の経済成長に関わりを持つかなどの研究に興味を持ちました。その時に、世界銀行が人間開発の分野から途上国の経済発展の支援をしていることについて習い、その業務に興味を持ったわけです。大学院卒業を控え、職探しをしている時に世銀で人材を捜しているとの事を聞き、自分が国際機関で通用するか自信はなかったものの、そのポジションに応募した結果、運良く世銀で働く機会を得る事が出来ました。それから4年の月日が経ち、現在は、中南米・カリブ海諸国局で教育エコノミストとして教育と医療のプロジェクトに関わっています。

引用元:http://www.mof.go.jp/international_policy/publication/mdbs2010/04_07.html

[/box]

[highlight]参考URL[/highlight]

村上 友紀 – 世銀プロフェッショナル|世銀日本人スタッフによるブログ

photo credit: World Bank Photo Collection via photopin cc