2022年W杯日本大会の可能性浮上 カタール招致で買収疑惑

2022年W杯日本大会の可能性浮上 カタール招致で買収疑惑

88
シェア
2022年W杯日本大会の可能性浮上 カタール招致で買収疑惑

2022年(平成34年)に開催される「2022 FIFAワールドカップ(2022 FIFA World Cup)」、カタール招致をめぐってFIFA(国際サッカー連盟)の元理事が買収を行っていた疑惑が浮上したという報道。

カタールW杯招致で買収疑惑 FIFA内部からは再投票の声も(MSN産経ニュース)

これはイギリスの新聞「サンデー・タイムズ」が報じたもので、元理事のカタール人・モハメド・ビン・ハマム氏が関係者らに日本円にして総額5億円以上を提供していたとのこと。

Plot to buy the World Cup | The Sunday Times

この報道を受けて、カタールの金融市場では株価指数が急落しているそうで、FIFA内部からは投票のやり直しを求める声も上がっているとも。

2022年のW杯招致には、アメリカや韓国、日本が名乗りを上げていたので、やり直しとなれば日本で開催なんてこともありえる!?東京オリンピックの2年後に日本でW杯・・・素晴らしい!

[highlight]参考URL[/highlight]

2022 FIFAワールドカップ – Wikipedia

モハメド・ビン・ハマム – Wikipedia

photo credit: iwillbehomesoon via photopin cc