【豊田章男(とよだあきお)社長】カンブリア宮殿「トヨタ復活劇の真実!~豊田章男 激動の5年~」30分拡大スペシャル-6月12日(木)22時~【トヨタ自動車株式会社】

【豊田章男(とよだあきお)社長】カンブリア宮殿「トヨタ復活劇の真実!~豊田章男 激動の5年~」30分拡大スペシャル-6月12日(木)22時~【トヨタ自動車株式会社】

123
シェア
【豊田章男(とよだあきお)社長】カンブリア宮殿「トヨタ復活劇の真実!~豊田章男 激動の5年~」30分拡大スペシャル-6月12日(木)22時~【トヨタ自動車株式会社】

テレビ東京系列で放送している「日経スペシャル カンブリア宮殿」は、ニュースが伝えない日本経済を、村上龍小池栄子が経済人をむかえてお届けする経済ドキュメンタリー番組です。

2014年6月12日(木)22時からの放送は、トヨタ自動車株式会社の豊田章男(とよだあきお)社長をむかえて「トヨタ復活劇の真実!~豊田章男 激動の5年~」と題し30分拡大スペシャルでお届け。

2006年の放送開始から9年目となる「日経スペシャル カンブリア宮殿」。

今回は、第1回放送(2006年4月17日)「トヨタ26万人の人事戦略」以来となるトヨタ自動車株式会社を取り上げます。ちなみに、第1回放送のゲストは当時のトヨタ自動車副会長だった張富士夫(ちょうふじお)。

第6代目の社長に就任した2009年6月以来、豊田章男(とよだあきお)社長の5年間は苦難の連続だったそうです。リーマンショックによる赤字転落にはじまり、世界規模におよぶリコール問題、そして2011年に発生した未曾有の東日本大震災、豊田社長率いるトヨタ自動車は“どん底”からどのようにして復活を遂げたのか?

2013年度の決算では、売上高25兆円で6年ぶりとなる最高益を更新、年間販売台数ではアメリカのゼネラルモーターズ、ドイツのフォルクスワーゲンをおさえて、世界で初めてとなる1,000万台を突破しました。

番組では、豊田社長が就任以来、改革のキーワードとして提唱してきた“もっといいクルマをつくろう”にスポットを当て、5年間の激動の裏側を自身の言葉も交えながら、日本の車づくりの未来に迫ります。

カンブリア宮殿:テレビ東京

カンブリア宮殿 (cambrian_palace) on Twitter

カンブリア宮殿 | Facebook

トヨタ自動車株式会社 公式企業サイト

photo credit: Craig T Dylke via photopin cc