※動画【富士急行「富士登山電車」(赤富士/青富士)】あのニュースで得する人損する人「リゾート列車」-6月12日(木)19時~【モ1形さび朱色/着席券200円】

※動画【富士急行「富士登山電車」(赤富士/青富士)】あのニュースで得する人損する人「リゾート列車」-6月12日(木)19時~【モ1形さび朱色/着席券200円】

107
シェア
※動画【富士急行「富士登山電車」(赤富士/青富士)】あのニュースで得する人損する人「リゾート列車」-6月12日(木)19時~【モ1形さび朱色/着席券200円】

日本テレビ系列で放送している「あのニュースで得する人損する人」は、旬のニュースを題材に「得するのか?損するのか?」というシンプルで少し下世話な目線で構成した新しいカタチのバラエティ番組です

2014年6月12日(木)19時からの放送は、「離婚トラブル」と「リゾート列車」を取り上げ“見なきゃ損”するいろいろなお得情報を紹介します。

リゾート列車

綺麗な景色を眺めながら食事などが楽しめる「リゾート列車」。だが、料金が高いというイメージも。

番組では、そんなイメージを覆す、乗車料金にちょっと足すだけで楽しめるリーズナブルなリゾート列車を紹介します。

200円を足すだけで富士山が30分見放題となる富士山が好きな人向けのリゾート列車や、子供が喜ぶリゾート列車、豪華フルコースをはじめ11種類のデザートを堪能できるリゾート列車など、全国各地のお得なリゾート列車情報をお届け。

MCは、後藤輝基(フットボールアワー)、羽鳥慎一。

ゲストは、小林綾子、杉田かおる、鈴木奈々、野々村真、吉村崇(平成ノブシコブシ)。

VTR出演は、川合俊一。

あのニュースで得する人損する人|日本テレビ

tokuson_ntv (tokuson_ntv) on Twitter

[divider]

富士登山電車

富士急行の富士急行線(大月駅~河口湖駅)で運行しているリゾート列車「富士登山電車」は、2009年(平成21年)に運行を開始した富士山を楽しむための登山列車です。

車両デザインは、豪華寝台列車「ななつ星in九州」を手がけことで知られる、インダストリアルデザイナーの水戸岡鋭治(みとおかえいじ)氏によるもの。

「赤富士」「青富士」の2両編成で、外観の塗装は富士急行の前身である富士山麓電気鉄道が開業に合わせて製造した「富士山麓電気鉄道モ1形電車」通称「モ1形」と同じ「さび朱色」となっています。

ちなみに、河口湖駅には「モ1形」が展示されています。

車内は、レトロモダン調の内装で木など自然素材を使用し、ソファや富士山の絶景を楽しめる展望席などの多彩なシート配置が特徴となっています。

また、世界遺産に登録された富士山に関する本などが並ぶライブラリーコーナーも充実、富士吉田市の特産品として知られる「甲斐絹」をモチーフにした飾りが展示されています。

イメージキャラクターは、「富士登山電車客室乗務員 谷村みすず」。

富士山好きにはたまらない「富士登山電車」の乗車には、着席券200円(大人・子ども)が必要です。

富士登山電車車内の360°パノラマ写真

[box type=”shadow” ]富士急行「富士登山電車」(赤富士/青富士)
※動画【富士急行「富士登山電車」(赤富士/青富士)】あのニュースで得する人損する人「リゾート列車」-6月12日(木)19時~【モ1形さび朱色/着席券200円】

引用元:photo credit: かがみ~ via photopin cc

[/box]

[box type=”shadow” ]
富士急行1000系快速『富士登山電車』 〜運行開始1周年〜

[/box]

[highlight]参考URL[/highlight]

富士急行株式会社

富士急行(株) 富士急行線

富士急行株式会社 富士急行線 富士登山電車