【泉州水なす(せんしゅうみずなす)】満天☆青空レストラン「大阪編」(ゲスト:河北麻友子)-6月14日(土)18時30分~【お取り寄せ「水なすと糠漬けのセット」】

【泉州水なす(せんしゅうみずなす)】満天☆青空レストラン「大阪編」(ゲスト:河北麻友子)-6月14日(土)18時30分~【お取り寄せ「水なすと糠漬けのセット」】

99
シェア
【泉州水なす(せんしゅうみずなす)】満天☆青空レストラン「大阪編」(ゲスト:河北麻友子)-6月14日(土)18時30分~【お取り寄せ「水なすと糠漬けのセット」】

うまああいい!(エコー)by宮川大輔

日本テレビ系列で放送している「満天☆青空レストラン」は、お笑い芸人・宮川大輔とゲストが日本全国の食材の産地に出かけて、収穫の手伝いをし自然の大切さを学びながら、そこでしか食べられない「海のごちそう」「山のごちそう」を制覇していくグルメバラエティ番組です。

2014年6月14日(土)18時30分からの放送は、ゲストに河北麻友子(かわきたまゆこ)をまねいて、大阪府貝塚市の泉州(せんしゅう)地域の気候風土を生かして室町時代(1336年~)から栽培されているという伝統の野菜「泉州水なす」を収穫します。

その名の通り、断面から水が滴るほど水分をたっぷりと含んだ「水なす」を、定番の漬物から、生ハムを巻いたり、天ぷら、煮浸しでいただきます。

また、これからの時期にぴったりなスタミナ満点のニンニクの芽炒め、炊き込みご飯、挽肉となすの果肉を混ぜてフライにしたメンチカツ風など自宅で真似できる絶品メニューが続々と登場します。

今回のお取り寄せは「水なすと糠漬けのセット」。

満天青空レストラン

[box type=”shadow” ]茄子(みずなす)は、ナスの品種群。形は通常のナスより丸みを帯びており、水分に富む。

ナスは本来、灰汁が強く生食には向かない野菜であるが、水茄子は灰汁が少なく、水分を多量に含んでおり、ほのかな甘みもあって生食が可能である。生食が可能なナスは全国的にも珍しい。

日本各地で栽培されているが、大阪府の泉州地域で特に盛んに栽培されており、泉州特産品として日本全国で有名である。生食の他、糠床に漬け込んだ浅漬けや、漬物調味液に漬け込んだ漬物として食べられることが多い。

水ナスにも多くの品種があり、泉州地域でも地区によって栽培品種が異なる。例えば大阪府貝塚市の「馬場なす」などは「幻の水なす」とも呼ばれめったに市場に出る事は無い。同じく貝塚市の「澤なす」は「水なすの原種」とされ現在泉州地域でも栽培農家はほとんどいない。

引用元:「水なす」(2013年9月30日 (月) 14:16(日時は個人設定で未設定ならばUTC)。)『ウィキペディア日本語版』。http://ja.wikipedia.org/wiki/水なす

[/box]

[box type=”shadow” ]
【ナス?いいえ、水茄子です】水茄子カレー RRCK 97/365

[/box]

photo credit: Happy Sleepy via photopin cc