【イクボスとは?】クローズアップ現代「“イクボス”ってどんなボス?~人材多様化時代の上司像~」-6月16日(月)19時30分~【佐藤博樹教授(東京大学社会科学研究所)】

【イクボスとは?】クローズアップ現代「“イクボス”ってどんなボス?~人材多様化時代の上司像~」-6月16日(月)19時30分~【佐藤博樹教授(東京大学社会科学研究所)】

98
シェア
【イクボスとは?】クローズアップ現代「“イクボス”ってどんなボス?~人材多様化時代の上司像~」-6月16日(木)19時30分~【佐藤博樹教授(東京大学社会科学研究所)】

NHK総合テレビで放送している「クローズアップ現代」は、最近の社会問題から注目のトレンド、人物などの情報ドキュメンタリーとゲストによる解説を絡めた情報番組です。

2014年6月16日(月)19時30分からの放送は、「“イクボス”ってどんなボス?~人材多様化時代の上司像~」を取り上げます。

多様化する人材を「育成(イクセイ)」する上司(ボス)、略して「イクボス」がいま、求められているという。

番組では、ゲストに東京大学社会科学研究所の佐藤博樹教授をまねいて理想の上司“イクボス”に迫ります。

キャスターは、国谷裕子。ゲストは、佐藤博樹教授(東京大学社会科学研究所)。

[box type=”shadow” ]育児や介護などを抱える社員、定年延長による高齢社員、そして若い男性社員の価値観の変化。

働き方に制約のある社員が増加する中、彼らにどう接し、会社の業績に貢献させたらよいのか、現場の戸惑いが増している。カギとなるのが、管理職や経営層などの上司、いわゆる「ボス」の手腕だ。

社員の個々の事情を配慮しつつも、重要な戦力として、その能力を発揮して活躍してもらうという、「優しく、そして厳しい管理職」の育成が企業の急務となっている。

そうした理想の上司を「イクボス=部下のプライベートに理解と配慮のある上司」と名づけ、「イクボス養成塾」なるセミナーなどの取り組みも始まっている。

人材が多様化する時代に求められるボスとはどんなボスなのか。その高度なマネジメント術は如何なるものか。「働きやすく働きがいのある」職場に必要なヒントを探る。

引用元:http://www.nhk.or.jp/gendai/

[/box]

NHK クローズアップ現代 – NHKオンライン

NHK「クローズアップ現代」公式 (nhk_kurogen) on Twitter

NHK クローズアップ現代 | Facebook

東京大学社会科学研究所

photo credit: Le Tchétché via photopin cc