※動画【槙原寛己(まきはらひろみ)生涯年棒20億円!ミスターパーフェクト!】私の何がイケないの?「元巨人軍夫婦引退後の人生SP」-6月16日(月)19時~

※動画【槙原寛己(まきはらひろみ)生涯年棒20億円!ミスターパーフェクト!】私の何がイケないの?「元巨人軍夫婦引退後の人生SP」-6月16日(月)19時~

128
シェア
※動画【槙原寛己(まきはらひろみ)生涯年棒20億円!ミスターパーフェクト!】私の何がイケないの?「元巨人軍夫婦引退後の人生SP」-6月16日(月)19時~

TBSテレビ系列で放送している「私の何がイケないの?」は、現代女性の悩みなどを女性目線で紹介するバラエティ番組です。

2014年6月16日(月)19時からの放送は、「元巨人軍夫婦スター選手引退後の人生SP」をお届け。

今回は、読売ジャイアンツ(巨人)の元スター選手、角盈男(すみみつお)、槙原寛己(まきはらひろみ)、橋本清(はしもときよし)、辻内崇伸(つじうちたかのぶ)をまねいて、引退後の人生を紹介します。

おさえのエースだった角盈男(すみみつお)(57歳)が、自身が前立腺がんに冒されていることをテレビ初告白。

妻・昌恵さん(56歳)と二人三脚の闘病生活や、最先端のがん治療「重粒子線治療」に密着。

ドラフト1位指名で契約金1億円のスター候補だった辻内崇伸(つじうちたかのぶ)は26歳で戦力外通告!サラリーマンになっていた。

慣れない事務仕事、そして誕生したばかりの子ども、妻との節約生活。妻が本音を独白・・・

生涯年棒は20億円!斎藤雅樹、桑田真澄とともに1990年代の巨人軍を支えた先発三本柱のひとり、槙原寛己(まきはらひろみ)。20億円の使い道と豪邸を大公開!

かつての中継ぎのエース、橋本清(はしもときよし)は現役時代からは想像もできない、ガングロチャラ夫になっていた!?

妻の稼ぎで美を追求する中年チャラ夫の衝撃私生活が明らかに!?

MCは、有田哲平(くりぃむしちゅー)、江角マキコ。

レギュラーは、黒沢かずこ(森三中)、近藤春菜・箕輪はるか(ハリセンボン)、千秋、西川史子。

ゲストは、角盈男(すみみつお)夫婦、槙原寛己(まきはらひろみ)夫婦、橋本清(はしもときよし)夫婦、辻内崇伸(つじうちたかのぶ)夫婦。

私の何がイケないの?|TBSテレビ

[box type=”shadow” ]
【TBS】元巨人軍エース・角 がん衝撃告白!6/16『私の何がイケないの?』

[/box]

[divider]

槙原寛己(まきはらひろみ)

槙原寛己(まきはらひろみ)を語る上ではずせないのが、なんといっても「完全試合」であろう。

1994年5月18日に福岡ドームで行われた広島東洋カープとの試合で、槙原寛己は16年ぶり、史上15人目となる完全試合を達成しました。

完全試合とは、打者を1度も出塁させず9イニング27人をすべて凡退させて勝利することで、安打はもちろん四死球や失策なども許されません。「パーフェクトゲーム」「パーフェクト」とも。

ちなみに、出塁を許しながらも無安打無失点におさえた場合はノーヒットノーランとなります。

日本での完全試合は、槙原寛己が達成した1994年以来、20年以上途絶えています。

槙原寛己の完全試合 – Wikipedia

[box type=”shadow” ]原 寛己(まきはら ひろみ、1963年8月11日 – )は、愛知県出身の元プロ野球選手(投手)、野球解説者。

斎藤雅樹、桑田真澄とともに1990年代の読売ジャイアンツを支えた先発3本柱の一人。愛称は「マッキー」「マキさん」「ミスター・パーフェクト」など。所属事務所はノースプロダクション。

引用元:「槙原寛己」(2014年5月25日 (日) 02:49(日時は個人設定で未設定ならばUTC)。)『ウィキペディア日本語版』。http://ja.wikipedia.org/wiki/槙原寛己

[/box]

[highlight]参考URL[/highlight]

槙原寛己|株式会社ノースプロダクション

photo credit: adwriter via photopin cc