【アメリカ鉤虫(こうちゅう)で自己免疫疾患を治療】奇跡体験!アンビリバボー「寄生虫がアレルギーに効く!?禁断(秘)実験に挑んだ男」-6月19日(木)19時57分~

【アメリカ鉤虫(こうちゅう)で自己免疫疾患を治療】奇跡体験!アンビリバボー「寄生虫がアレルギーに効く!?禁断(秘)実験に挑んだ男」-6月19日(木)19時57分~

122
シェア
【アメリカ鉤虫(こうちゅう)で自己免疫疾患を治療】奇跡体験!アンビリバボー「寄生虫がアレルギーに効く!?禁断(秘)実験に挑んだ男」-6月19日(木)19時57分~

世界中の幸福な奇跡、常識や科学では解明できない超常現象や怪奇現象など“アンビリバボー”な話をお届けする「奇跡体験!アンビリバボー」(フジテレビ系)。ストーリーテラーはビートたけし。

2014年6月19日(木)19時57分からの放送は、「寄生虫がアレルギーに効く!?禁断(秘)実験に挑んだ男」「地雷の悲劇!必死のリハビリ!献身的支えに全米感動!」をお届け。

今回は、身近に潜んでいる“アレルギー”の恐怖を取り上げます。

20年ほど前、日本の高校生がチョコドーナツを食べて死亡する事件が起きました。同じ頃、アメリカ・カリフォルニア州で造園業を営むローレンスさんが作業中に呼吸困難に陥りました。

2人に共通していたのは“アレルギー症状”。

アレルギー症状とは、蕎麦や小麦などの食べ物から、花粉、ダニなど鼻など気管から入り発症するもの、金属や漆など皮膚に触れることで発症するものなどが上げられます。

これらに共通しているのは、異物に対して体が過剰に反応していることにあります。

イギリスのプリチャード博士は鉤虫属の鉤虫(こうちゅう)という寄生虫がアレルギー症状を抑えるのに役立つとの仮説を立てる。

その仮説に共感したローレンスさんは体の中に寄生虫を繁殖させていたのであった・・・

また、いろいろなアレルギーを抱えていた科学ジャーナリストのモイセズ ベラスケス=マノフ(Moises Velasquez‐Manoff)は、安全基準をこえる寄生虫に感染して「寄生虫なき病(やまい)」という本にまとめようとする。

はたして寄生虫とアレルギー症状に因果関係はあるのか!?

出演は、剛力彩芽、バナナマン(設楽統・日村勇紀)、鹿沼憂妃(しかぬまゆき)、福田彩乃。

奇跡体験!アンビリバボー – フジテレビ

寄生虫がいるとアレルギーになりにくいという話を聞いたのですが・・・

※動画 【両手両足を失ったテイラー・モリスとダニエル・ケリー愛の物語】奇跡体験!アンビリバボー「地雷の悲劇!必死のリハビリ!献身的支えに全米感動!」-6月19日(木)19時57分~

photo credit: HAMACHI! via photopin cc