名水百選「羊蹄のふきだし湧水」で淹れたコーヒーがなまらうまいと話題になっているみたいなんです

名水百選「羊蹄のふきだし湧水」で淹れたコーヒーがなまらうまいと話題になっているみたいなんです

96
シェア
名水百選「羊蹄のふきだし湧水」で淹れた北海道ミネラルウォーターの無糖コーヒー「名水珈琲」

北海道後志地方南部に位置する標高1,898メートルの山、羊蹄山(ようていざん)。

羊の蹄(ひづめ)の形に似ているからとつけられたわけではないようで、もともとは後方羊蹄山(しりべしやま)と呼ばれていたが難読であったために現在の名に変更されました。確かに「後方羊蹄」で「しりべし」とは誰も読めないですよね。

蝦夷富士として親しまれ、四季折々違った表情を見せる、その雄大な姿は多くの人を魅了しています。

羊蹄山に降った雨や雪は半世紀以上の長い時間をかけ地中をゆっくり濾過され、湧き出す泉が麓周辺に10ヵ所以上あり、中でも京極町は「名水の里」として知られ、1日の湧出量8万トンもの豊富で質のよい湧き水「羊蹄のふきだし湧水」は名水百選に選ばれています。

今回、ご紹介するのはそんな名水で淹れた珈琲、その名も「名水珈琲」です。製造は京極町の北海道ミネラルウォーター(株)。

ネルドリップ方式で抽出し、軟水のためマイルドですっきりとした味わいに仕上がっています。

[box type=”shadow” ] 蹄山(ようていざん)は、北海道後志地方南部(胆振国北西部)にある、標高1,898mの成層火山である。後方羊蹄山(しりべしやま)として、日本百名山に選定されている。

羊蹄山は円錐形の成層火山で、2003年に気象庁により活火山に指定された。山頂には直径700m、深さ200mの火口(父釜)があり、西北西斜面にも側火口(母釜、子釜)を持つ。支笏洞爺国立公園に属し、山頂は倶知安町・喜茂別町・京極町・真狩村・ニセコ町の境をなしている。

一等三角点(点名「真狩岳」)の旧山頂が1,892.7m、三等三角点(点名「雲泉」)の北山が1,843.7mである。

山腹にはキタキツネ、エゾクロテン、エゾリス、エゾシマリス、エゾモモンガ、エゾユキウサギなどの哺乳類が生息しており、130種類以上の野鳥がいることも確認されている。 また、名水の地としても知られ、周囲には無料で利用できる水汲み場が数か所ある。

引用元:「羊蹄山」(2013年5月3日 (金) 09:23(日時は個人設定で未設定ならばUTC)。)『ウィキペディア日本語版』http://ja.wikipedia.org/wiki/羊蹄山[/box]

名水百選「羊蹄のふきだし湧水」で淹れた北海道ミネラルウォーターの無糖コーヒー「名水珈琲」名水百選「羊蹄のふきだし湧水」で淹れた北海道ミネラルウォーターの無糖コーヒー「名水珈琲」名水百選「羊蹄のふきだし湧水」で淹れた北海道ミネラルウォーターの無糖コーヒー「名水珈琲」名水百選「羊蹄のふきだし湧水」で淹れた北海道ミネラルウォーターの無糖コーヒー「名水珈琲」

[highlight]参考URL[/highlight]

北海道京極町-活力湧き出る みどり美しい 水のまち-公式Web Site

羊蹄山|北海道京極町公式WebSite