【なまず】満天☆青空レストラン「埼玉県吉川市」(ゲスト:武井壮・佐々木健介ファミリー)-6月21日(土)18時30分~【お取り寄せ「うずら卵の西京漬け/うずら卵のプリン」】

【なまず】満天☆青空レストラン「埼玉県吉川市」(ゲスト:武井壮・佐々木健介ファミリー)-6月21日(土)18時30分~【お取り寄せ「うずら卵の西京漬け/うずら卵のプリン」】

118
シェア
【なまず】満天☆青空レストラン「埼玉県吉川市」(ゲスト:武井壮・佐々木健介ファミリー)-6月21日(土)18時30分~【お取り寄せ「うずら卵の西京漬け/うずら卵のプリン」】

うまああいい!(エコー)by宮川大輔

日本テレビ系列で放送している「満天☆青空レストラン」は、お笑い芸人・宮川大輔とゲストが日本全国の食材の産地に出かけて、収穫の手伝いをし自然の大切さを学びながら、そこでしか食べられない「海のごちそう」「山のごちそう」を制覇していくグルメバラエティ番組です。

2014年6月21日(土)18時30分からの放送は、武井壮と佐々木健介ファミリー(北斗晶・佐々木健之介・佐々木誠之介)をゲストにまねいて、埼玉県吉川市※の名産「なまず」をいただきます。

ホーム – 吉川市公式ホームページ

じつは高級な「なまず」。刺身はふぐのような味わいで、蒲焼にすると絶品だとか。

さらに、天ぷらにすると身は口の中でふわっと優しくほどけ、卵とじ、揚げ団子と「なまず」を味わいつくします。

今回のお取り寄せは「うずら卵の西京漬け/うずら卵のプリン」。

味もサイズも最高級なうずらの卵が登場。まるでチーズのような味わいで晩酌のおつまみにピッタリな西京漬けで頂きます。

満天青空レストラン

埼玉県吉川市「なまずの里よしかわ」よしかわ観光協会

[box type=”shadow” ]「なまずの里よしかわ」の由縁
稲作をはじめとする農業が盛んだった吉川には、昔から川の水を引き込んだ用水路や小川が各所に流れていました。そうした水場は、さまざまな生物の住みかとなり、中でも ” なまず ” は、いたるところでその姿を見ることができたそうです。

昔の子どもたちにとって、なまず捕りは娯楽であり、家に持って帰れば食材として歓迎されるという一石二鳥の ” 遊び相手 ” でした。しかし、その “なまず” も、まちが都市化していった昭和40年代頃から急激に少なくなっていきました。

このような中、古くからこの地で親しまれてきた ” なまず ” を吉川のシンボルにしてまちづくりを進めていこうという気運が高まり、商工会が中心となって、市内の商工業者が ” なまず ” をモチーフにしたまんじゅう、せんべい、サブレー、ぬいぐるみ、キーホルダーなどのグッズを開発し平成7年には吉川駅前に日本一大きな金色の「なまずモニュメント」も完成しました。

また、平成8年には、農事組合法人吉川受託協会が “なまず” の養殖に成功。地下水で育てた良質の吉川産なまずを出荷できるようになりました。

引用元:http://yoshikawa-kankoukyoukai.com/history/namazu.html

[/box]

[box type=”shadow” ]
なまず料理(吉川市)

[/box]

photo credit: Reellady via photopin cc