長良(ながら)医療センター(岐阜県)について、川鰭市郎(かわばたいちろう)産科医長プロフィール-6月23日(月)22時30分~【プロフェッショナル 仕事の流儀】

長良(ながら)医療センター(岐阜県)について、川鰭市郎(かわばたいちろう)産科医長プロフィール-6月23日(月)22時30分~【プロフェッショナル 仕事の流儀】

197
シェア
長良(ながら)医療センター(岐阜県)について、川鰭市郎(かわばたいちろう)産科医長プロフィール-6月23日(月)22時30分~【プロフェッショナル 仕事の流儀】

NHK総合テレビで放送している「プロフェッショナル 仕事の流儀」は、さまざまな分野の第一線で活躍している一流のプロの仕事を徹底的に掘り下げて紹介するドキュメンタリー番組です。

2014年6月23日(月)22時30分からの放送は、「ただ、生まれる命のために 産科医・川鰭市郎」をお届けします。

今回は、お腹のなかの赤ちゃんを危機から救うプロフェッショナル、産科医の川鰭市郎(かわばたいちろう)(59歳)の仕事の流儀を紹介します。

川鰭は、お母さんのお腹のなかの赤ちゃんを治療する腕で、全国にその名を知られる「胎児治療」のスペシャリスト。出産してから手術しては後遺症などのリスクが高まる症例にたいして、胎児に治療を施す「胎児治療」。

岐阜県にある「独立行政法人国立病院機構 長良医療センター」には、双子のひとりに酸素や血が集中してしまう「双胎間輸血症候群」や、赤ちゃんの胸に水がたまる「胎児胸水」など難しい出産をひかえる妊婦が全国から集まります。

同センターで産科医長をつとめる川鰭は、出産の際にリスクをともなう難しい症例から小さな命を救ってきた、産科医30年のエキスパート。

「生まれて来ないほうがよかった命など、ひとつもない」

ただ、生まれる命のために・・・小さな命を救うため最前線で闘い続ける現場に密着します。

出演は、川鰭市郎(長良医療センター産科医長)。

語りは、橋本さとし、貫地谷しほり。

NHK プロフェッショナル 仕事の流儀 – NHKオンライン

nhk_professional (nhk_proff) on Twitter

独立行政法人国立病院機構 長良医療センター

[box type=”shadow” ]長良(ながら)医療センター(岐阜県)について、川鰭市郎(かわばたいちろう)産科医長プロフィール-6月23日(月)22時30分~【プロフェッショナル 仕事の流儀】

引用元:photo credit: gabi_menashe via photopin cc

[/box]

photo credit: Adrian Dreßler via photopin cc