薄さ2ミリの老眼鏡!Paperglass(ペーパーグラス)とは?動画は?西村金属(福井県鯖江市)について

薄さ2ミリの老眼鏡!Paperglass(ペーパーグラス)とは?動画は?西村金属(福井県鯖江市)について

101
シェア

2014年6月24日(火)22時から放送の「ガイアの夜明け~常識を覆して売る!老舗の逆襲~」で紹介された「Paperglass(ペーパーグラス)」について。

Paperglass(ペーパーグラス)」は、眼鏡デザイナーの澤田雅広を中心としたチームが開発した、折りたたむと薄さ2ミリの平板になる携帯老眼鏡。

これまでになかった薄さながら、開くとテンプルはダイナミックな曲線を描くのが特徴。

グッドデザイン特別賞(中小企業庁長官賞)を受賞した「Paperglass(ペーパーグラス)」の部品を製造しているのは、福井県鯖江市でメガネ部品を中心とした精密金属部品の加工を手がけている「西村金属」。

数多くのメディアで紹介され、購入は数ヶ月待ちという人気のようです。

[box type=”shadow” ]薄さに挑戦している眼鏡は以前よりあった。

折りたたみ式、スライド式のテンプルで平板に近づこうとするタイプのものだ。通常の眼鏡を俯瞰で見るとわかりやすいが、

実に突起物が多いことに気づく。特にブリッジ、鼻パッド、丁番、テンプルからモダンにいたるカーブ等だ。

ペーパーグラスはブリッジと鼻パッドをなくし、直接鼻にかけるひと山でフロント部を平面化した。

あとは「智(ヨロイ)」と丁番、テンプルの収め方が問題として残った。西村金属といえば、眼鏡用従来極小ネジ、丁番の金属加工からスタートした企業である。

プロジェクトが最大の難関に取り掛かっていたある日、西村金属社長である西村忠憲がひとつの丁番を持ってきた。
それはリムに対して角度を付けず垂直に枢支軸を設けるというものだった。ここで、最難関であった突起物がなくなった。

次にこの枢支軸に対し、テンプルをどう装着するかである。工場の片隅で、澤田の新しい挑戦が開始された。

引用元:http://www.paperglass.jp/

[/box]

[box type=”shadow” ]薄さ2ミリの老眼鏡!Paperglass(ペーパーグラス)とは?動画は?西村金属(福井県鯖江市)について

引用元:http://www.paperglass.jp/

[/box]

[box type=”shadow” ]
おしゃれ老眼鏡「PARPERGLASSスクエアー 」商品紹介 動画

[/box]

[highlight]参考URL[/highlight]

西村金属

西村 昭宏 @チタン加工の西村金属 (akiaky_nsmr) on Twitter

チタン加工の西村金属 – 鯖江市 – 産業用品 | Facebook

Paperglass(ペーパーグラス)

ペーパーグラス 薄さたった2mmのオシャレな老眼鏡 | Facebook

photo credit: chrisjohnbeckett via photopin cc