【東京都議会セクハラヤジ】塩村あやか(塩村文夏)さん頑張って!「恋のから騒ぎ」出演時は何ひとつ本当のことを言っていないよ!盛っていたよ!

【東京都議会セクハラヤジ】塩村あやか(塩村文夏)さん頑張って!「恋のから騒ぎ」出演時は何ひとつ本当のことを言っていないよ!盛っていたよ!

95
シェア
【東京都議会セクハラヤジ】塩村あやか(塩村文夏)さん頑張って!「恋のから騒ぎ」出演時は何ひとつ本当のことを言っていないよ!盛っていたよ!

塩村あやか(塩村文夏/しおむらあやか)都議、ここ1週間で名を売りましたねえ。

塩村都議に対してセクハラヤジを飛ばした自民党の鈴木あきひろ(鈴木章浩/すずきあきひろ)都議、最初は堂々としらばっくれていたけど、しばらく経ってから観念したのか名乗り出ました。

個人的には「早く結婚すればいい」はセクハラだとは思わないけど、塩村さんがセクハラだと受け取ればセクハラなんでしょう。だって、このヤジを受けてから言葉に詰まって涙ぐんでいらっしゃいましたもんね。

うんうん、辛かったろうに、悔しかったろうに・・・

いやいや!塩村さん、あなたはそんなことでメソメソするタマじゃないだろうに。

1978年7月6日生まれ、広島県福山市出身の塩村さん。都議になる前は「グラビアアイドル」「エッセイスト」「放送作家」といろいろやっていたようです。

エッセイスト時代に、明石家さんま司会の「恋のから騒ぎ」で第14期生として1年間にわたって出演していた経歴をお持ちで、今回の「セクハラヤジ事件」を受けて「恋のから騒ぎ」出演時の発言が続々と発掘され話題となっています。

終始、高慢な態度と独特の甲高い声であまり長時間見ることはできないんだけど、抜粋するとなんでも彼氏と別れる際にはもれなく慰謝料をもらっていたそうで、最高額は1,500万円だったと自慢気な顔で語っているわけです。

ちなみに、その回のゲストだった泉谷しげるからは「お前は詐欺師だな!」と有難いお言葉をいただいています。

「恋のから騒ぎ」出演後は、放送作家にジョブチェンジしていくつかの番組を担当したようですが、放送作家時代に出演したバラエティ番組では、「同時に何人も愛せる、1人に絞る必要ない」と二股三股発言をしています。

もちろんテレビですから、なんぼか盛ってはいるんでしょうけど、話を膨らますにも元の事実が必要なわけで。

そんなわけで、今回の件について鈴木あきひろ都議はすっかり空気に・・・いや、鈴木さんも相当ダサいわけです。初めからマスコミからは当たりをつけられて取材を受けているんですが、まあ見事にしらばっくれています。

公開ごめんなさいは鈴木さんにとって、思い出しては顔真っ赤になって夜も眠れなくなることでしょう。

塩村あやか都議にしてみれば、今回の一件は名を売るチャンスと見たんでしょうけど、インターネッツはそうは問屋が卸しませんでしたなあ。それとも、問題なしとでも思ったのか?

思ったより世論が自分の味方してくれないと気付いているのかどうかはわからないけど、塩村さんには突っ切ってほしいと思うのです。

頑張れ!塩村さん!

[box type=”shadow” ]
塩村文夏 みんなの党、東京都議会議員(1)

[/box]

[highlight]参考URL[/highlight]

塩村あやかオフィシャルWEBサイト

塩村あやか(みんなの党 東京都議会議員) (shiomura) on Twitter

ゆるぎない信念が東京を変える!|鈴木あきひろオフィシャルサイト

鈴木章浩のブログ

photo credit: image munky via photopin cc