【北海道】冷夏は回避した模様 降水量は平年並か多い見込み【3ヶ月予報(7月~9月)】

【北海道】冷夏は回避した模様 降水量は平年並か多い見込み【3ヶ月予報(7月~9月)】

93
シェア
【北海道】冷夏は回避した模様 降水量は平年並か多い見込み【3ヶ月予報(7月~9月)】

札幌管区気象台は25日(水)、北海道内の7月から9月の3ヶ月予報を発表しました。

前回の3ヶ月予報では、エルニーニョ現象による影響で冷夏が予想されていたけど、平均気温はほぼ平年並の見込みとのこと。

エルニーニョ現象が発生して秋にかけて続く可能性が高いことに変わりはないみたいだけど、フィリピン付近で積乱雲が発生して太平洋高気圧の勢力が強まることで冷夏にはならないみたい。

ただ、降水量は平年並か多いとなっているので、北海道の農家さんは引き続き注意が必要。

それはそうと、北海道の6月といえば爽やかで1年でもっとも過ごしやすい季節なんだけど、3日(火)には道内各地で観測史上最高気温を記録、そのあとは20日間近くも雨が続いたりと、まったくもって不快な1ヶ月間でした。

こんな天候が来年も再来年も続いたらわや。

[highlight]参考URL[/highlight]

北海道地方 3か月予報 – 気象庁

【試されすぎる大地】北海道観測史上最高気温を観測 音更(おとふけ)町で37.8度-2014年6月3日(火)午後2時4分

photo credit: Deseree Joy Villanueva via photopin cc