北海道の七夕は明日じゃなくて8月7日なんです

北海道の七夕は明日じゃなくて8月7日なんです

108
シェア
七夕

7月7日は織姫と彦星が年に1回だけ天の川でデートしてちょめちょめする日。そう、七夕です。

短冊にお願いごとを書いて笹に吊るしましたか?へんしゅうちょうは何をお願いしようかなあ?もちろん、みんなの健康とサッポコの発展かな。(宝くじ当たりますように×10

ちなみに北海道では笹に短冊を、じゃなくて柳に短冊をくくりつけます。背の高い竹が生えないから柳で代用という単純な理由なんですが。

北海道では新暦の月遅れの8月7日が七夕です。ややこしいことに北海道全域が8月7日じゃなくて、7月7日の地域もあります。札幌は8月7日。

ウィキペディア-主な七夕祭り「新暦に行う地域」「旧暦・月遅れに行う地域」を見ると、七夕祭りは8月7日に行われる所が多いみたいだね。そりゃそうか、今年はもう東京で梅雨明けたみたいだけど、例年ならまだ梅雨の真っ只中だからね。まだ、夏本番っていう感じもないし。

あっ、それと北海道版ハロウィンといいましょうか8月7日に子供達が歌をうたいながら近所の家を回ってお菓子やローソクを貰うという「ローソクもらい」という風習があります。へんしゅうちょうの地元は札幌なんだけど、子供の頃やった覚えないなあ、札幌でもやってるのかな?

[box type=”shadow” ] 「ローソクもらい」は、子供たちが浴衣を着て提灯を持ち、夕暮れ時から夜にかけて近所の家々を回って歌を歌い、ローソクやお菓子を貰いあるくハロウィンに似た習わしである。富良野市や函館市では7月7日、その他の多くの地域では8月7日におこなわれ、七夕から盆にかけておこなわれる地域もある。現在も北海道各地でおこなわれているこの「ローソクもらい」は、古くから拓かれた函館や江差などの道南地方や、札幌市など家々の密集する地域でとくに顕著にみられる。

函館の古い習俗を記した安政2年(1855年)の『函館風俗書』(蛯子七左衛門著)には、七夕の習わしとして、子供たちがめいめいにガク灯籠を差し出して、竹に五色の短冊をつけて、笛や太鼓を鳴らし囃し立てて歩くようすが描かれている。ここではローソクを貰い集めることは記されていないが、灯籠を見せて歩く習わしは、「ねぶたッコ見てくれ」と練り歩く青森県のねぶたの習わしに似ている。

ローソクもらいの日には、学童前から小学校低学年の子供たちが缶灯籠や提灯を手に三々五々集まり、7人前後の集団となって、囃し歌を歌って近隣各戸を訪ねあるく。

近年では地域社会における人間関係の希薄さや治安の悪化、火災の心配などから行事を行わなくなった地域、もしくは提灯を使わず、マグライトやLEDライトを使用する等、防犯の面から行動域を自宅付近に限定するといった様な時代に合わせて変化している様子がうかがえる。場所によっては日が沈む前の明るい時間帯に行う地域も増えてきている。

現代の子供たちは当然お菓子を貰うことを期待しているが、引越してきたばかりの人など、この行事を知らない人は囃し歌の通りにローソクをあげてしまうので子供ががっかりしてしまうことがある。また、菓子を準備していない家は菓子代としてお小遣いをあげることもある。

引用元:「ローソクもらい」( 2013年5月24日 (金) 13:36 (日時は個人設定で未設定ならばUTC)。)『ウィキペディア日本語版』。http://ja.wikipedia.org/wiki/ローソクもらい[/box]

photo credit: Dakiny via photopin cc