シベリアで発生した森林火災の影響か?北海道の微小粒子状物質(PM2.5)値が急上昇

シベリアで発生した森林火災の影響か?北海道の微小粒子状物質(PM2.5)値が急上昇

137
シェア
シベリアで発生した森林火災の影響か?北海道の微小粒子状物質(PM2.5)値が急上昇

2014年7月25日(金)午後、北海道内は函館市や札幌市など広い範囲で白いモヤがかかったような状態に。

微小粒子状物質(PM2.5)濃度は、札幌市の各測定局でのきなみ100μm/m3(1立方メートル当たり100マイクログラム)を超えました。

原因は、大陸で発生した大規模な山火事が影響しているとみられています。街中が焦げ臭かったのはこのせいなのか。

微小粒子状物質(PM2.5)札幌市で急上昇 8地点で100μm/m3超える-2014年7月25日(金)

ちなみに、26日(土)21時の北1条測定局(札幌市中央区)で観測したPM2.5の値は46μm/m3。

[box type=”shadow” ]シベリアで発生した森林火災の影響か?北海道の微小粒子状物質(PM2.5)値が急上昇

引用元:大気汚染物質広域監視システム(そらまめ君)ホームページ

[/box]

[highlight]参考URL[/highlight]

PM2.5 大気汚染と健康への影響 – 政府インターネットテレビ

photo credit: Sunset Noir via photopin cc