【江戸時代後期の刀工・源清麿(みなもときよまろ)】開運!なんでも鑑定団「刀好き高じて息子を研師にした父!?」

【江戸時代後期の刀工・源清麿(みなもときよまろ)】開運!なんでも鑑定団「刀好き高じて息子を研師にした父!?」

168
シェア
【江戸時代後期の刀工・源清麿(みなもときよまろ)】開運!なんでも鑑定団「刀好き高じて息子を研師にした父!?」

テレビ東京系列で20年以上にわたり放送されている鑑定バラエティ番組「開運!なんでも鑑定団」、2014年8月12日(火)20時54分からの放送は「刀好き高じて息子を研師にした父!?」をお届けします。

今回のゲストは、番組の大ファンだという甘利明経済再生担当大臣。なんでも骨董の知識も豊富だそうですよ。

刀剣が好きすぎて息子に研師(とぎし)なるように命じた父が一番大切していたというお宝が登場。それは、江戸時代後期髄一の腕がありながら波乱の人生を送り、42歳のときに自ら命を絶った源清麿(みなもときよまろ)の作だというが、はたして本物か!?

司会は、石坂浩二、今田耕司。進行アシスタントは、吉田真由子。

ゲストは、甘利明。

出張リポーターは、石田靖。ナレーターは、銀河万丈、冨永みーな。

鑑定士軍団は、中島誠之助(古美術鑑定家)、北原照久(「ブリキのおもちゃ博物館」館長)、安河内眞美(「ギャラリーやすこうち」店主)、阿藤芳樹(「阿藤ギャラリー」代表取締役)、永井龍之介(「永井画廊」代表取締役)、柴田光隆(「刀剣柴田」代表取締役)、山本清司(「COLLECTIBLES FIELD」代表)、平林久和(ゲームアナリスト)。

開運!なんでも鑑定団|テレビ東京

photo credit: Michael Till via photopin cc