道産子のマスト乳酸菌飲料「ソフトカツゲン」

道産子のマスト乳酸菌飲料「ソフトカツゲン」

230
シェア
レモンカツゲン

とつぜんですが、あなたのmyフェイバリット乳酸菌飲料はなんですか?

ヤクルト?ピルクル?森永マミー?

乳酸菌飲料って小さい頃、お母ちゃんがよく飲ませてくれた記憶があるんだけど、他の家庭でもそうなのかな?わがやでは「ソフトカツゲン」でした。

そう、道産子にとってマスト乳酸菌飲料といえば「ソフトカツゲン」のことを指します。

北海道限定ネタで定番中の定番、さんざん他サイトでも紹介されつくしているので、わざわざサッポコで取り上げなくてもいいかなとは思ったけど、やっぱりはずせないよねということで、ご紹介します。

「ソフトカツゲン」の歴史は戦前にまでさかのぼり、兵隊さんの栄養補給を目的として開発されました。当初の名称は「活素(かつもと)」で、のちに「活源(かつげん)」、さらにカタカナ表記で「カツゲン」と変更されたという経緯があります。

現在の「ソフトカツゲン」という名称になったのは1979年のこと。「ソフト」という文字通り、従来より薄くさっぱりとした風味に変更されました。

ラインナップは「ソフトカツゲン」のほかにも季節限定で「○○○カツゲン」商品が販売されます。

余計なお世話なんだろうけど、2013年7月現在「ソフトカツゲン」で検索しても公式サイト的なものがヒットしないんだよね。製造元の雪印メグミルクのウェブサイトにも見つからないし。

森永マミーピルクルのように販売促進を目的としたページをなんで作らないんだろ?なにか理由があるのかな?

レモンカツゲン

[highlight]参考URL[/highlight]

雪印メグミルク株式会社