帯広大谷が甲子園一番乗り!創部以来初の快挙!

帯広大谷が甲子園一番乗り!創部以来初の快挙!

102
シェア
baseball

「野球が僕らを一つにする」

第95回全国高校野球選手権大会のキャッチフレーズなんだって。高校生が考えたそうなんだけど、青春!って感じがしますなぁ・・・いいね!

2013年8月8日から14日間にわたって行われる、夏の甲子園。全国の高校球児たちがおのれの青春を野球に全てかけて戦う姿に大人たちは感動します。

まさにいま夢の舞台への切符をかけ全国で地区予選が行われている真っ最中ですが、19日、北北海道大会決勝が旭川スタルヒン球場でおこなわれ帯広大谷高等学校が4-3で北海道旭川南高等学校を下し、全国いちばん乗りで甲子園出場を決めました。

北海道は学校数がおおいので、北北海道と南北海道の2地区にわかれそれぞれの優勝校、2校が甲子園出場となります。東京も西東京と東東京にわかれているのも同じ理由。

南北海道大会は、本日10:30から円山球場で準決勝「函館大有斗 VS 駒大苫小牧」「函館大柏稜 VS 北照」2試合が行われます。あれ、札幌の高校がはいっていない!札幌第一まけちゃったのか・・・

駒大苫小牧が6年ぶり8回目、北照が3年ぶり3回目、函館大有斗が16年ぶり8回目、そして函館大柏稜が初出場をそれぞれかけて全力を尽くす戦いまでもうすぐ!

[divider]

ここまで書くのに、えらい時間かかったわー

文章力のなさもさることながら、野球自体に興味ナッシングで今まで甲子園なんてまったく見なかったからなあ。知識ゼロで書くって大変だね。

なんせ春と夏あることは知っていたけど春は「選抜高等学校野球大会」夏は「全国高等学校野球選手権大会」が正式名称って知らなかったぐらい。勉強になりました。

でも、ここまで調べてみると不思議と試合が見たくなってきたのでこれから円山球場まで行ってこようかなと。天気もいいしね。

これがきっかけで今年の夏は甲子園から目が離れなくなったりして。可能性大だな。

[divider]

※15:50追記

駒大苫小牧勝ったね!函館大柏稜は惜しくも初出場ならず!明日13:00から決勝「駒大苫小牧VS北照」試合が行われます。どっちも頑張れ!

[box type=”shadow” ] 咲スポーツ公園はかつては大蔵省が所管する国有地だったが、1929年、運動場の建設を目的に旭川市に払い下げられた。

野球場は旭川市営野球場(あさひかわしえいやきゅうじょう)として1932年に完成。同年、全国中学校野球大会の北海道予選が開催された。その後周辺には各種運動施設が建設され、1941年に公園名を「近文公園」として、市民に開放された。

後年、同公園内にある既存施設の老朽化が問題となり、これにより新たな運動施設の必要性が生じたことから、旭川市は1976年、公園に隣接する旧旭川競馬場の土地を取得し、公園施設の全面改修事業に着手した。

市営野球場もこの改修の一環で建て替えられることとなり、改築に先立って、旭川育ちのロシア人であり日本プロ野球黎明期の大投手だったヴィクトル・スタルヒンの功績に因んで改築後の球場名を「[highlight]スタルヒン球場[/highlight]」とすることが発表された(後述)。

改築完了後、1984年4月1日に再開場。以来、プロ野球、大学野球、高校野球など各種公式戦が行われている。

近文公園の再整備事業は1990年度までに完了し、1991年4月1日に公園名称を「花咲スポーツ公園」に改称し、同時に野球場の正式名称も現在の「花咲スポーツ公園硬式野球場」に改称され、「スタルヒン球場」の名は愛称として残った。

引用元:「旭川市花咲スポーツ公園硬式野球場」(2013年7月2日 (火) 14:44(日時は個人設定で未設定ならばUTC)。)『ウィキペディア日本語版』。http://ja.wikipedia.org/wiki/旭川市花咲スポーツ公園硬式野球場[/box]

[highlight]参考URL[/highlight]

北海道高校野球連盟

帯広大谷高等学校 Obihiro Ohtani High School

ウィキペディア-第95回全国高等学校野球選手権大会

朝日新聞デジタル:高校野球 北北海道大会 – 第95回全国高校野球選手権大会

朝日新聞デジタル:高校野球 南北海道大会 – 第95回全国高校野球選手権大会

photo credit: Shutter Daddy via photopin cc