【宮沢賢治にまつわる珍品】開運!なんでも鑑定団「旧家の廃棄物から宮沢賢治の自筆が!?」【ゲスト:おおたわ史絵】

【宮沢賢治にまつわる珍品】開運!なんでも鑑定団「旧家の廃棄物から宮沢賢治の自筆が!?」【ゲスト:おおたわ史絵】

175
SHARE
【宮沢賢治にまつわる珍品】開運!なんでも鑑定団「旧家の廃棄物から宮沢賢治の自筆が!?」【ゲスト:おおたわ史絵】

テレビ東京系列で20年以上にわたり放送されている鑑定バラエティ番組「開運!なんでも鑑定団」、2014年8月19日(火)20時54分からの放送は「旧家の廃棄物から宮沢賢治の自筆が!?」をお届けします。

ゲストは、内科医で医療評論家のおおたわ史絵(おおたわふみえ)。

今回は、近所の旧家が取り壊された際に、引き取った大量の廃棄品から発見した宮沢賢治にまつわる珍品が登場。誰もが一度は教科書で見たことがある日本古代のお宝も。

はたして鑑定結果は!?

司会は、石坂浩二、今田耕司。進行アシスタントは、吉田真由子。

ゲストは、おおたわ史絵。

出張リポーターは、石田靖。ナレーターは、銀河万丈、冨永みーな。

鑑定士軍団は、中島誠之助(古美術鑑定家)、北原照久(「ブリキのおもちゃ博物館」館長)、安河内眞美(「ギャラリーやすこうち」店主)、阿藤芳樹(「阿藤ギャラリー」代表取締役)、永井龍之介(「永井画廊」代表取締役)、東原武文(扶桑書房店主)、増田孝(書蹟史家)、勝見充男(古美術「自在屋」店主)。

開運!なんでも鑑定団|テレビ東京

photo credit: Michael Till via photopin cc