※画像【幻のコーヒー「トアルコトラジャ(TOARCO TORAJA)・コーヒー」】未来世紀ジパング「世界コーヒー争奪戦」-8月25日(月)22時~【沸騰ナビゲーター/鈴木亮】

※画像【幻のコーヒー「トアルコトラジャ(TOARCO TORAJA)・コーヒー」】未来世紀ジパング「世界コーヒー争奪戦」-8月25日(月)22時~【沸騰ナビゲーター/鈴木亮】

168
シェア
※画像【幻のコーヒー「トアルコトラジャ(TOARCO TORAJA)・コーヒー」】未来世紀ジパング「世界コーヒー争奪戦」-8月25日(月)22時~【沸騰ナビゲーター/鈴木亮】

テレビ東京系列で放送している「日経スペシャル 未来世紀ジパング ~沸騰現場の経済学~」は、日本経済新聞社が番組制作に協力する「日経スペシャル」第3弾。

最新の経済事情の現場を取材し、沸騰ナビゲーターとゲストとの対談を通して経済をわかりやすく伝える内容となっています。

2014年8月25日(月)22時からの放送は、「世界コーヒー争奪戦」をお届けします。

コンビニコーヒー…

コンビニコーヒー戦争の火付け役「セブン-イレブン」の100円コーヒー用の豆は、大手商社の三井物産が南米ブラジルにコーヒー専門の会社を設立し、考えられないほど厳しいチェック体制で豆を厳選していた!

三井物産は、豆を確保するため東京ドーム200個分ほどの広大な農場を経営する日系二世のフクダさんと専属契約。さらに、効率よく豆を収穫するため技術面でいろいろな協力をしているという。

幻のコーヒー…

インドネシアの中部に位置する「スラウェシ島(Sulawesi)」に少数民族のトラジャ族が暮らしている。ここには、幻のコーヒーと呼ばれる「トアルコトラジャ(TOARCO TORAJA)・コーヒー」がある。

初摘みコーヒー トアルコトラジャ TOARCO TORAJA 特設サイト|KEY COFFEE キーコーヒー株式会社

「トアルコトラジャ・コーヒー」は、トラジャ族が手摘みで収穫する最高級のコーヒー豆。かつてはオランダ王室御用達だったが、いつしか農場は荒れ果て失われた。

そんなコーヒーを復活させたのが、キーコーヒーの当時副社長だった大木久さん。復活させるために、インフラ整備から始まり栽培技術までトラジャ族に教えていったという。

MCは、SHELLY。進行は、大橋未歩(テレビ東京アナウンサー)。

沸騰ナビゲーターは、鈴木亮(日本経済新聞社編集委員)。

ゲストは、夏野剛、坂下千里子、イレス(インドネシア人)。

日経スペシャル 未来世紀ジパング ~沸騰現場の経済学~|テレビ東京

未来世紀ジパング (miraiseiki_zipa) on Twitter

日経スペシャル 未来世紀ジパング | Facebook

[box type=”shadow” ]※画像【幻のコーヒー「トアルコトラジャ(TOARCO TORAJA)・コーヒー」】未来世紀ジパング「世界コーヒー争奪戦」-8月25日(月)22時~【沸騰ナビゲーター/鈴木亮】

引用元:http://www.keycoffee.co.jp/products/toarcotoraja2014/

[/box]

photo credit: LuisMacalinao via photopin cc