※動画【福和伸夫(ふくわのぶお)】夢の扉+「災害に負けない市民作り」-8月31日(日)18時30分~【名古屋大学減災連携研究センター長】

※動画【福和伸夫(ふくわのぶお)】夢の扉+「災害に負けない市民作り」-8月31日(日)18時30分~【名古屋大学減災連携研究センター長】

184
シェア
※動画【福和伸夫(ふくわのぶお)】夢の扉+「災害に負けない市民作り」-8月31日(日)18時30分~【名古屋大学減災連携研究センター長】

TBS報道局が総力をあげて日本を元気にするドキュメンタリー番組「夢の扉+」は、 中井貴一・坂口憲二・向井理の世代をこえた男たちがタッグを組み週替わりでナレーションを担当。

汗水ながす主人公達の応援歌として流れる番組主題歌は、小田和正の「やさしい雨」。

2014年8月31日(日)18時30分からの放送は、ビルを丸ごと揺らす“巨大実験室”で地震動(じしんどう)の解明「災害に負けない市民作り」をお届けします。

今回のドリーム・メーカーは、地震工学のスペシャリスト・福和伸夫(ふくわのぶお)(57歳)。

福和さんは、名古屋大学減災連携研究センター長をつとめ、2014年3月に地震に関する研究施設「減災館」を完成させました。5階建てで、なんと実験用にビル全体を揺らすことができるという。

ドリーム・メーカーは、福和伸夫(ふくわのぶお)(名古屋大学減災連携研究センター長 )。

ナレーターは、中井貴一。

夢の扉+|TBSテレビ

夢の扉+ (yumetobiplus) on Twitter

TBS「夢の扉+」 | Facebook

[box type=”shadow” ]
TBS「夢の扉+」8月31日 #168「災害に負けない市民をつくる」

[/box]

photo credit: Ava Babili via photopin cc